• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

HDDと一体化する極薄の変換アダプター

Serial ATA接続をUltra ATA接続に変換

舟橋 亮人=日経WinPC 2008/03/04 日経パソコン

 システムトークスは2008年3月4日、Ultra ATA端子をSerial ATAに変換するアダプター「スゴイアダプタ(SATA-TR150VH)」を発表した。予想実勢価格は2980円。発売は3月27日。

 Serial ATA非対応のパソコンで、Serial ATA接続のドライブを使うための変換アダプター。外形寸法は幅100×奥行き14.6×高さ24mm(Serial ATA端子を除く)とコンパクト。ドライブに直付けするタイプで、従来通りの方法で接続できるのが特徴だ。マスターとスレーブを切り替えるスイッチを装備。データ用だけでなく電源用コネクターも変換し、ペリフェラル用4ピンコネクターに対応する。

 内蔵型の3.5インチHDDは現在、Serial ATA接続が主流。Ultra ATA接続のHDDは種類が少なく、価格も割高になっている。スゴイアダプタ(SATA-TR150VH)を使用すれば、Ultra ATA端子しか搭載していない古いパソコンでも、Serial ATA接続のドライブを使える。

 HDD以外に光学式ドライブなどのATAPI機器も利用可能。最近種類が増えているSerial ATA接続の記録型DVDドライブにも対応する。

■変更履歴
記事掲載後に製品の外形寸法が変更になりました。本文は修正済みです。[2008/4/2 18:35]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る