• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Windows XPの販売期間が5カ月延長、2008年6月末まで継続

八木 玲子=日経パソコン 2007/09/28 日経パソコン

 米マイクロソフトは2007年9月27日(米国時間)、Windows XPのパッケージおよびパソコンメーカー向けのOEMライセンスの販売を、2008年6月30日まで継続すると発表した。従来、2008年1月31日までとしていた販売期間を、5カ月延長する。

 延長の理由は、顧客やパートナーからの要望があったため。「Windows Vistaのユーザーからは好評を得ているが、顧客によってはVistaへの乗り換えにもう少し時間がかかるという声がある」(同社のコーポレート副社長でWindows製品マネジメントを担当するマイク・ナッシュ氏)。

 同社の製品ライフサイクルに関するポリシーでは、Windowsは発売後4年間は販売を続けるとしている。Windows XPは、Windows Vistaの発売がずれ込んだこともあり既にこのポリシーは満たしているが、Vistaの発売から1年は販売を続けるとしていた。だが「過去のOSの多くは、後継製品の発売後2年は販売を継続していた。Windows XPの販売期間を、Windows Vistaの発売後1年としていたのは、やや野心的だったかもしれない」(ナッシュ氏)。

 一方でナッシュ氏は、Vistaの販売状況が好調であることも強調。2007年夏時点で6000万ライセンスが販売されており、マイクロソフト史上最も早いペースで売れていると説明している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    ネットで集めたデータはAI学習に使えるか?

     「企業内でディープラーニング(深層学習)を手掛けようにも、現状は手足を縛られているような状態だ」――。2017年5月24日、愛知県で開催された人工知能学会全国大会の公開セッションで、質問に立った企業の技術者が切実な声を挙げた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る