• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Windows Vista SP1のベータ版、数週間以内に公開

八木 玲子=日経パソコン 2007/08/30 日経パソコン

 米マイクロソフトはWindows VistaのService Pack 1(SP1)のベータ版を、数週間以内にリリースする計画だ。同社でプロダクトマネージャーを務めるニック・ホワイト氏が2007年8月29日(米国時間)付けのブログで明らかにした。最初のリリースは、ごく限定されたメンバーに対する提供となる見込み。その後、開発者向けの会員制コミュニティである「MSDN」や「TechNet」などの登録者に対して広く公開する。

 SP1の完成(RTM)は、2008年の第1四半期を予定。だが品質を最優先するため、正確な時期は未確定としている。

 ブログでは、VistaのSP1に関する資料(ホワイトペーパー)も公開。SP1での変更点として大きく3点を挙げている。(1)品質の向上(信頼性やセキュリティ、パフォーマンスなど)(2)管理性の向上(「BitLocker Drive Encryption」の拡張など)(3)新たなハードウエアや標準仕様のサポート(EFIやexFATなど)である。なおこれらはWindows XP SP2のような大規模な更新ではなく、限定的な変更になると説明されている。

 VistaのSP1は、1つのプログラムですべての言語をカバーする。このため、32ビット版で1GB程度とサイズは大きくなる見込みだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る