• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「アダルトサイトに登録されていますよ」――好奇心をくすぐる新手のフィッシング

勝村 幸博=日経パソコン 2007/03/14 日経パソコン

 米マカフィーは2007年3月13日(米国時間)、「あなたは、アダルトサイトの会員として登録されている」といった偽メールでユーザーをだまそうとするフィッシング詐欺警告した。メールには、アダルトサイトのログイン名とパスワードが記載されているので、好奇心からアクセスしてしまうユーザーは少なくないとして注意を呼びかけている。

 フィッシング詐欺とは、実在する企業や組織をかたる偽のメールを送ってユーザーを偽のサイトに誘導し、個人情報を入力させて盗むオンライン詐欺のこと。

 今回マカフィーが確認した偽メールは、実在するアダルトサイトをかたる。メールには、「[実在するアダルトサイト名]への登録ありがとうございます。試用期間(5日間)の料金は9.95ドル。以降、キャンセルするまで30日ごとに39.95ドル課金されます」といった内容が英語で書かれている。

 メールには、そのサイトのログインページへのリンクと、ログインに必要なユーザー名およびパスワードも記載されている。メールはHTMLメール。リンク部分に表示されているURLは、実在するアダルトサイトのものだが、実際のリンク先は偽サイト。偽サイトは既に閉鎖されているので詳細は不明だが、キャンセルに必要だとして、個人情報を入力させるようなページを用意していた可能性が高い。

 「キャンセルしないと料金が発生する」といった偽メールでユーザーを脅かす手口は珍しくはない。マカフィーが注目するのは、メールにユーザー名とパスワードが記載されていた点。これらを記載しておくことで、メールを受け取ったユーザーに「ちょっとのぞいてみようか」と思わせるという。ちなみに、記載されているユーザー名とパスワードは偽物。URLが記載されているアダルトサイトにログインできない。

 ほとんどのフィッシング詐欺は、「アクセスしないとまずいことになる」といったネガティブな動機付けで、ユーザーを偽サイトに誘導する。ところが今回のフィッシングは、「キャンセルしないとお金を取られる」というネガティブな動機付けに加えて、「アクセスすると良いことがあるかも」といったポジティブな動機付けもしている点が特徴的であるとしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    トヨタとチームラボが作った「Mobilmo」で思わず童心に返る

     トヨタとチームラボが共同で開発した知育アプリケーション「Mobilmo(モビルモ)」が2017年7月14日に配信を始めた。回転する車輪やロケット風のエンジンなどを組み合わせて、自分で操作するロボットを作成。舞台となる惑星を探検したり、他のユーザーにアピールしたりする。実際に遊んでみると、その奥深さ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る