• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

製品版のフル機能が使える!マイクロソフトがOffice 2007の試用版を公開

八木 玲子=日経パソコン 2006/12/06 日経パソコン

 マイクロソフトは「2007 Office system」試用版の無償ダウンロード提供を2006年12月2日に開始した。同社のWebサイトにて公開している。同ソフトは製品版の企業向け提供が11月末に始まったばかり。一般ユーザーにとっては、2007年1月30日の店頭発売を前に、製品と同等の機能を試せる貴重な機会と言える。

 公開されているのは、スイート製品「Office Professional 2007」と、「Groove 2007」「InfoPath 2007」など10種類のアプリケーション。試用版とはいえ、製品版のすべての機能が利用できる。利用期間に制限があり、アクティベーション後60日に設定されている。ただし60日の期限を迎えても、その月の最終日になるまでソフトは利用可能だという。

 期限切れになると、自動的に機能制限モードに移行する。この後は、基本的に文書を開いて閲覧することしかできなくなる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【HDDが壊れたら…】

    なぜハードディスクは壊れてしまうのか

     「ハードディスクからファイルが読み取れなくなった」。ユーザーから見て同じように見えるデータ消失の背後では、精密機械のハードウエアからOSやファイルを構成するデータといったソフトウエアまで、様々な破損が起きている。データ復旧の事前知識として、どうやってデータは“消える”のかを見ていこう。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る