• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ニュースの価値を投票で決める「newsing」

携帯にも対応したユーザー参加型のソーシャルニュースサイト

原 隆=日経パソコン 2006/07/27 日経パソコン

 マイネット・ジャパン(本社:東京都中央区)は2006年7月27日より、ユーザー参加型のニュースサイト「newsing(ニューシング)」を開始した。

 newsingはほかのニュースサイトやブログの記事をユーザーが投稿し、その記事に対して賛成か反対かをほかのユーザーが投票したり、コメントを付加できるのが特徴。この投票数やコメント数をポイント化し、記事の新しさも考慮したうえでランキングを算出。議論が活発化している記事ほど上位に表示される仕組みだ。話題を集めているニュースが一目で分かるメリットがある。各記事に分類・整理のキーワードを自由に付加できる「タグ」機能もある。ランキング上位の記事をRSS配信するため、サイトを訪問しなくてもRSSフィードだけで話題のニュースをチェックできる。

 主要ニュースサイト約20社のニュースを検索する機能も搭載。記事の本文のみを抽出・表示してくれる。3キャリア(NTTドコモ、au、vodafone)に対応する携帯電話向けサイトも用意している。

 サイトの閲覧だけならユーザー登録は不要。記事の投稿や投票、コメントの付加には無料のユーザー登録が必要となる。ユーザー登録すると自分が投稿・投票した記事の一覧やプロフィールを掲載できるマイページを持てる。
 事業収益は広告収入が柱。2006年12月末までに登録者数15万人、月の閲覧者数150万人を目指すとしている。

 マイネット・ジャパンは2006年7月1日に創業されたベンチャー企業。社長はNTTレゾナント出身の上原仁氏。newsingのようなユーザー参加型のニュースサイトは「ソーシャルニュースサイト」と総称され、米国では「Digg.com」が有名。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る