• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ITレポート(動向/解説)

新人IT技術者のためのJavaプログラミング入門 第2回(下)

中島省吾 2003/04/17 ITpro
Javaプログラミング学習のコツ

基本は章立ての通り進む

 Java言語のようなプログラミング言語は,順序立てて順番に学ぶことができません。なぜなら,いろいろな要素が複雑に組み合わさっているためです。何度も同じような文法を復習したり,いきなり違う内容に飛んだりすることがよくあります。そのため,学習するのはいくつかコツがあります。まず,下記のことに注意しながら学習を進めるようにしてください。

  1. 概念が理解できない場合でも,動作する場合はとりあえず先に進んでみる。
  2. わからない概念は,市販されている他の参考書やインターネットなどで調べてみる。
  3. とにかく,自分でコードを入力する。
  4. どんな間違いを犯した時に,どんな風になったか記録しておく。
  5. 意味のわからないキーワード(単語)が出てきた時は,すぐにインターネットなどで調べる。

以上のことを気に留めながら,勉強してみてください。

Java文法基礎を学ぶ時に注意する点

 Java言語を勉強する場合,もっとも基本になるのは「オブジェクト指向プログラミング」です。そのためほとんどの入門書では「オブジェクト」,「クラス」,「メソッド」といった内容から説明が始まります。しかしこのテキストでは,「まったくプログラミングしたことが無い方でも」Java言語を理解していただくために,「変数」,「分岐処理」,「ループ処理」といった,オブジェクト指向とは直接関係無い「一般的なプログラミング技術」から学ぶようになっています。

 もちろん言語はJavaなので,Javaに特化した内容になっていますが,特にオブジェクト指向についての知識を要求しない内容から始まっています。そのため,ソースコード上に現れるオブジェクト指向に関係した部分は,最初は無視をしていかないと学習が進みません。

 例えば以下のようなコードがあったとします。

public class MyName {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("自分の名前");
  }
}

このコードは,前回Javaプログラミングの流れを説明する時に使用したものですが,この中で,オブジェクト指向に関係のある,次の部分を無視します。

public class MyName {
}

この部分は,MyNameクラスを定義している部分ですが,クラスの定義についての説明はまだ先になります。そのため無視をします。

次に無視をするのは以下のコードです。

  public static void main(String[] args) {
  }

この部分は,mainメソッドの定義で,{ から } まではmainメソッドの中身になります。しかし,メソッドの話も最初は出てきませんので無視をします。ただし,どうしても覚えておいてもらわないといけないことがあります。それは,この記述を「mainメソッド」と呼び,

「Javaプログラムはmainメソッドから始まる」

ということです。つまり,Javaのプログラムを作る場合,プログラムは下記のコードの

  public static void main(String[] args) {
  }
{ から始まる(ここがスタートポイントだと覚えましょう)ということです。そのため最初のプログラムは,この中括弧の中にコードを記述することから始まります。 将来的には,自分でメソッドやクラスを作れるようになると,mainメソッド以外の場所にプログラムを記述することができるようになります。

 そうなると,残っているのは,次の一行です。

    System.out.println("自分の名前");

ところが,このコードもほとんど無視します。なぜならこのコードを理解するためには,Systemクラスやoutクラス,printlnメソッドなどを理解しなければいけないからです。そうなると,ほとんどすべてのコードを無視をすることになってしまいますが,ここでも1つ重要なことがあります。それは,

画面に表示するには,「System.out.println();」と記述し,( ) の中に表示するものを書く

ということです。しかし,なぜそう書くのかといった部分は無視をします。

どうですか?最初は不安が多いかも知れませんが,とりあえず理解しなければいけないのは,下記の2つだけです。

  1. Javaプログラムはmainメソッドから始まる
  2. 画面に表示するには,「System.out.println();」と記述し,( ) の中に表示するものを書く

これなら,なんとか理解できそうですね。そのうち,クラスやメソッドについて理解できるようになれば,改めて最初のコードの意味を考える事ができるようになります。それまでは,あせらずに少しずつ理解していくことにしましょう。

 次回は,Javaプログラムで使う変数や条件分岐などの記述方法といったJava文法の基礎について解説します。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る