• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windowsセキュリティ

フィッシングを防ぐ2つのツール,ファーミングを防ぐ3つの方法

MarkJosephEdwards 2005/07/05 ITpro
(Mark Joseph Edwards)

 「フィッシング」による被害が最近,話題になっている。よくあるのは電子メールで偽装したWebサイトに誘導し,ログオンIDやクレジット・カードの番号,パスワード――などの個人情報を入力するように仕向けるものだ。フィッシング行為にだまされると,あなたの銀行口座から別の口座へ無断でお金が振り込まれたり,あなたが契約しているサービスを無断で利用されたり,といった被害につながる可能性がある。

 米CoreStreetの「SpoofStick」や米Netcraftの「Anti-Phishing Toolbar」などのツールは,これを防ぐのに役立つ。どちらのツールも「Internet Explorer(IE)」用と「Mozilla Firefox」用のアドオンであり,あなたが訪問中のWebサイトが本物か否かを表示するものだ。

フィッシングと併用される新たな攻撃法
 最近,ハッカーたちはフィッシングを「ファーミング」と呼ばれる方法と組み合わせている。ファーミング攻撃は,攻撃者が攻撃目標のISP(インターネット・サービス・プロバイダ)や企業にある複数のサーバーのDNSレコードを変更したり,クライアントにある「hosts」ファイルやDNSの設定を変更したりする。こうした攻撃を防ぐには,DNSクエリーの結果が確実に信頼性できるものかの判断が必要となる。先の2つのツールは,ファーミングを防ぐには,あまり役立たない。

 ファーミング攻撃を防ぐのに役立つ方法が3つある。最初の方法は,米MarkMonitorが最近発表したもので,企業のDNSサーバーが不正に変更されないよう監視するサービスを企業が利用することだ。不正な変更が検知されると,MarkMonitorはその会社に対して警告を発する。

 第2の方法は,これも新しいものだが,米Next Generation Security (NGSEC)の「AntiPharming」を使うことである。このツールは,サーバー・レベルではなくクライアント・レベルで動作し,システムの「hosts」ファイルとローカルのDNS設定に不正な変更が加えられるのを防ぐ。さらに,それはシステムのネットワーク・インターフェースを監視してDNSクエリーの応答を捕そくし「3つの安全なDNSサーバー」を参照して,その応答をダブル・チェックする。このツールはあらかじめ3つのDNSサーバーの設定をした後で提供されており,それらのサーバーのアドレスを,あなたがより適切だと思うサーバーのアドレスに変更できる。このツールは,個人利用には無償で提供されている。

ファーミングを防ぐWebサイト側での対策
 第3の方法は,Green Armor Solutionsが提供する「Identity Cues」で,Webサイト・レベルで動作するソリューションだ。Identity Cuesに守られたWebサイトに最初にユーザーがログオンしたときに,色づけされた「ビジュアル・キュー」と呼ばれるものを生成する。2回目以降に,ユーザーがそのサイトへログオンするたびにビジュアル・キューが表示される。偽装したWebサイトは,このキューを生成できないので,偽のサイトに誘導されたユーザーは,そのサイトが正しくないことがすぐに分かる。このIdentity Cuesのコンセプトは,斬新だ。

 3つのアプローチはすべてよいアイデアのようだし,フィッシングとファーミングを阻止するのに大いに役立つだろう。ほかにファーミングを防ぐ手立てがあるかとも思うが,現時点では他のソリューションを私は知らない。もし何かご存知だったら,教えてほしい。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る