新着記事

ECビジネスで勝ち組になるために欠かせない情報収集とは?

 EC市場が急速な成長を続けている。しかし、発展途上で参入障壁が低いため事業者の入れ替わりが激しいうえ、店頭で販売する商品に比べると流通経路も整備されていないことから、市場の実態が見えにくい。

なぜ今、マーケティングオートメーションなのか? その10の根拠

 今日のマーケティング担当者は様々な課題に直面している。急激なデジタル化が進むなか、獲得リード数を増やし、収益を高め、成約を急がなければならず、さらにはチャネルの増加により、管理しなければならないプログラムはますます増えている。

国内BtoB企業3000社に聞いた、マーケティングの現状と現場の悩み

 国内企業の間でBtoBマーケティングの重要性が広く認識されるようになり、様々なツールや手法が日々新たに登場している。マーケティング担当者は、そのなかから自社に最適な施策を選択し、実行する必要がある。

売り上げに貢献していないSFA/CRM、何が問題なのか?

 SFAやCRMシステムは一般に、商機を拡大し、“勝率”を向上させるためのツールとして認識されている。だが、実際にSFA/CRMシステムを導入している国内企業は3割程度、定着率も半数程度にとどまっているという調査結果がある。

“初めの一歩”から成果を出すためのマーケティングオートメーション攻略法

 顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを効率よく実行する業務インフラとして、今後欠かせないのがマーケティングオートメーション(MA)ツールである。だが、その導入や定着は、一筋縄ではいかないことが多い。

直帰率が半減した例も、「IPアドレスでエリアターゲティング」の効能は?

 指定した地域にいるWebサイト訪問者に対してWeb広告を表示する「エリアターゲティング」。最近、この手法をサイト運用に活用する動きが加速している。

獲得単価が5分の1になった例も、サイト訪問者の所属企業が分かると何がおいしい?

 Webマーケターの多くはWebサイトの訪問者やページビューの増大を目指している。しかし法人向けビジネスの場合、必ずしもそれが売上拡大につながるとは限らない。

Cookieを使うのはもう古い? IPアドレスによるターゲティングの4大メリット

 マーケティング活動の舞台がオンラインへと移行した現在、マーケティング担当者が頭を悩ませるのは、商品のターゲットに対し、いかにピンポイントに広告を配信して費用対効果を高めるかである。

マーケティングリーダー4000人調査で判明、成果出すチームが示す9つの傾向

 デジタルが席巻する今日のマーケティング市場において最重要なのは「カスタマーエクスペリエンス」だ。優秀なマーケターは、「新規ビジネスの開拓とリードの質の向上」から「顧客との関係強化」へと課題をシフトしている。

思ってたより簡単、今日から始めるアカウントベースドマーケティングのレシピ

 B2Bマーケティングでは、数多くの組織に向けて広くリーチするのが一般的だが、マーケットの性質によってはもっと効果的な手法がある。それは、マーケティングと営業のリソースを特定の顧客グループに集中させるというものだ。

注目コンテンツ