新着記事

“初めの一歩”から成果を出すためのマーケティングオートメーション攻略法

 顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを効率よく実行する業務インフラとして、今後欠かせないのがマーケティングオートメーション(MA)ツールである。だが、その導入や定着は、一筋縄ではいかないことが多い。

獲得単価が5分の1になった例も、サイト訪問者の所属企業が分かると何がおいしい?

 Webマーケターの多くはWebサイトの訪問者やページビューの増大を目指している。しかし法人向けビジネスの場合、必ずしもそれが売上拡大につながるとは限らない。

直帰率が半減した例も、「IPアドレスでエリアターゲティング」の効能は?

 指定した地域にいるWebサイト訪問者に対してWeb広告を表示する「エリアターゲティング」。最近、この手法をサイト運用に活用する動きが加速している。

Cookieを使うのはもう古い? IPアドレスによるターゲティングの4大メリット

 マーケティング活動の舞台がオンラインへと移行した現在、マーケティング担当者が頭を悩ませるのは、商品のターゲットに対し、いかにピンポイントに広告を配信して費用対効果を高めるかである。

マーケティングリーダー4000人調査で判明、成果出すチームが示す9つの傾向

 デジタルが席巻する今日のマーケティング市場において最重要なのは「カスタマーエクスペリエンス」だ。優秀なマーケターは、「新規ビジネスの開拓とリードの質の向上」から「顧客との関係強化」へと課題をシフトしている。

思ってたより簡単、今日から始めるアカウントベースドマーケティングのレシピ

 B2Bマーケティングでは、数多くの組織に向けて広くリーチするのが一般的だが、マーケットの性質によってはもっと効果的な手法がある。それは、マーケティングと営業のリソースを特定の顧客グループに集中させるというものだ。

顧客がどんどん行動する今どきの営業現場、他社に差を付ける重要なポイントとは

 昨今の営業現場は、顧客に権限委譲された状況にある。顧客は自ら、より多くの情報にアクセスし、様々なチャネルで企業と接触し、複数のデバイスでコミュニケーションを行い、その企業とやりとりした体験を…

マーケティングオートメーションに潜む罠を突破、シナリオ設計の「4S」のアプローチ

 これまでマーケティングと言えば、企業視点でターゲットをセグメントし、一方通行のアプローチを行う「企業都合のマーケティング」が主流であった。しかし最近になり、ユーザーの属性や行動の情報を起点に双方向の…

見込み客を効率よく優良顧客に育成する、「リードスコアリング」を基本から理解する

 Webが普及し、消費者や企業が商品を購入する際の行動は大きく変化した。購入するかなり前から、関連するWebサイトを検索して情報を収集し、ソーシャルメディアでユーザーの評判を確かめることは…

コンサル会社要らず、マーケティングオートメーションを無理なく始めて続けるコツ

 見込み客をホットリードに育成し、営業へ渡すまでのプロセスを自動化する「マーケティングオートメーション」。最近になって国内でも活用されるようになってきたが、米国で発展した仕組みであるため、日本企業が導入・運用を…

注目コンテンツ