Check IT out!

一歩先を行くデジタルマーケティング

米国で「コンテンツスタジオ」開設が相次ぐ今、企業が再考すべき若年層へのコミュニケーション

 米国のメディア業界は、この1~2年でゆっくり、かつ確実に変化している。“トレンド”というよりは、“進化”に近いものかもしれない。急激かつ一過性のものではなく、目立たないがじわじわと変化していっているような印象だ。

ビジネスで使えるInstagram入門

影響力のある一般人を探そう! Instagramでインフルエンサーを活用するコツ

 インフルエンサーとは、人々の消費行動に影響力を持つ人々のこと。芸能人やタレントなど以外の一般人でもInstagramなどのSNSでインフルエンサーとなっている例がある。これは「マイクロインフルエンサー」と呼ばれている。今回は、Instagramにおけるインフルエンサー活用のコツと注意点について見ていきたい。

新着記事

B2Bデジタルマーケティングの現場から

「社内コミュニケーションのプロになれ」、マーケティングスキルを磨くには

 本記事ではデジタル技術によってマーケティングが大きく変わりつつある今、マーケティングの専門家としてスキルを高めるために、どのような取り組みが必要か考察してみます。

プレスリリース

アデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコがMarketoを導入

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役社長:福田康隆、以下「マルケト」)は、世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で...

科学と感性のBtoBマーケティング

(特別編)マーケティングに正しく管理されたデータを使ってますか?

 BtoB(企業間商取引)の世界でも、デジタルを駆使した営業の「空中戦」が本格化している。その中核となるのがマーケティングオートメーション(MA)。だが使いこなせず成果が出ない例も多い。今回も、BtoBマーケティングの第一人者、シンフォニー...

知っておきたいBtoBマーケティングのきほん

「なぜ展示会をするのか」から始まる、展示会で成果を上げる出展ノウハウ

 毎年様々なテーマで数多くの展示会が開催されています。 出展社側としては新規見込み顧客の獲得や新製品の認知など訴求できる場として、来場者としては情報収集や導入検討など、一度に多くの製品やサービスを見ることができる場として、多くの企業や担当者...

経営者に読ませる「B2Bマーケティング攻略ガイド」

三つの「デジタル化の本質」をインストールする(1)

 三つの「デジタル化の本質」である「つながる、探せる、シェアできる」を顧客が駆使することでコミュニケーションの主導権を握ったのなら、我々にできることは、顧客と同じように「つながる、探せる、シェアできる」を駆使して、顧客と対峙するしかない。そ...

デジタルトランスフォーメーションを促す顧客データ管理

岐路に立つCookieと広告、顧客データはどこに求めるべきか

<p> これまで、多くのWebサイトではユーザーの行動を把握し、ターゲティングの精度を向上させコンバージョンを高める目的で、ブラウザーを個別に識別する「Cookie」を広く活用してきました。しかし、個人のプライバシーに対する意識の高まりなど...

一歩先を行くデジタルマーケティング

メールの役割はいまだついえず、マーケティングツールの利用拡大がもたらした新たな効果

 新しい仕組みや方法論が普及するたびに、これまで使われていたものが「時代遅れ」とされ、「使えない」とばかりに、そのパフォーマンスが全否定されるようなことが時々起こる。例えばソーシャルメディアが広く普及し始めた頃のメールがそうだった。

プレスリリース

ルネサス エレクトロニクスがグローバルWebサイト構築でアドビのWebコンテンツ管理ソリューションを採用

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下 ルネサス)がグローバルWebサイト構築で、...

プレスリリース

シャノンとSCSKサービスウェア、 BtoBマーケティングソリューション提供において協業

統合型マーケティング支援SaaS市場で7年連続シェア1位(※1)の株式会社シャノン(代表取締役社長:中村 健一郎、所在地:東京都港区、以下シャノン)と、SCSKサービスウェア株式会社(代表取締役社長:田財 英喜、本社:東京都江東区、以下SC...

事例こそ最強のBtoBマーケティングである

結局、事例とはどういう販促物なのか~その本質と制限を考える

「定義やそもそも論は一見、役に立たないようで実はおそろしく役に立つ」というのが筆者の考えです。何か迷いが生じたとき、定義に立ち戻れば思考がクリアになり、解決策が見えます。今回は「事例はどんな性質でどんな制限のある販促物なのか」を説明します。

BtoB企業の未来を開く動画マーケティング

情報量を増やし説得力を高める、プレゼンテーションで動画を活用する価値

 プレゼンテーションで動画を活用すると、あなたの「プレゼン力」は大きく上がります。30分のプレゼンテーションなら3カ所、60分で5カ所に動画を使うのが理想です。動画の尺(長さ)は2分以内が基本です。動画が流れているとき、プレゼンテーション中...

プレスリリース

JAL、ビジネスデータの最適化および マーケティング ROI 最大化のため Domo を採用

ビジネス最適化プラットフォームを提供するドーモ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川崎友和、以下Domo)は本日、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 植木義晴氏、以下JAL)が、ビジネスデータの価値をリアルタイムに最...

科学と感性のBtoBマーケティング

(特別編)マーケティングの基本設計の前に道具を選んでいませんか?

 BtoB(企業間商取引)の世界でも、デジタルを駆使した営業の「空中戦」が本格化している。その中核となるのがマーケティングオートメーション(MA)。だが使いこなせず成果が出ない例も多い。BtoBマーケティングの第一人者、シンフォニーマーケテ...

>> もっと見る

注目コンテンツ