Check IT out!

事例こそ最強のBtoBマーケティングである

マーケティングオートメーションとユーザー事例の関係(5)~一次情報を題材に信憑性を担保

 事例が「一次情報なので内容の信憑性を担保できる」という特徴を持ちます。このため「発信するコンテンツの責任の在り処を明らかにするために、社内の技術部にインタビューして原稿を書けばよい」のですが、技術部はそういう仕事には協力したがらないのも事実です。私は取材を拒否する技術部担当者の気持ちがよく分かります。正直に言うと、技術部の担当者としては顧客向け情報発信コンテンツ作成を手伝うような仕事に関わりたくはありません。

コンテンツマーケティングの教科書

MAツールで解決する課題と適用範囲

 弊社で実施した独自調査の結果から、今年のマーケティングトレンドを探るコラムシリーズ。前回第1回では、2017年マーケターの方が注目する施策と、その施策を進める際の注意点をお伝えしました。第2回の今回はマーケティングオートメーションツール(以下MAツール)導入に焦点を当て、MAツール導入状況と、課題を探っていきます。

新着記事

一歩先を行くデジタルマーケティング

マーケティングオートメーション普及が追い風、見直されるメールの意義と効果

 恐らくほとんどの企業でメールは、Webサイトと併せて、主要な顧客接点の一つとして位置付けられているに違いない。ただし古くから活用されてはいるものの、その効果は過小評価をされ続けている。ただこの1~2年で、メールの位置付けと効果が再考されつ...

知っておきたいBtoBマーケティングのきほん

できるところから始める、マーケティングのシナリオの設計

 一貫したマーケティング活動を行う上で重要なのが、「マーケティングシナリオ」を設計することです。このシナリオを作ることで、多岐にわたるマーケティング施策の位置づけや役割を明確にすることができます。

経営者に読ませる「B2Bマーケティング攻略ガイド」

デジタルマーケティング戦略策定の前にやっておくべき肝心なこと

 筆者はB2B企業での営業とマーケティング、そして経営者として32年の経験がある。この間に得た人生観や世界観である経営哲学、そして数多くの失敗から学んだ普遍的な黄金律をベースにしている。そのすべてをここで伝えよう。そのために、本連載のゴール...

一歩先を行くデジタルマーケティング

米技術系労働者の概況リポートから浮かび上がる、デジタルトランスフォーメーションの姿

 特定の製品やベンダーに依存しないIT関連資格・認定などをてがけるITの業界団体「CompTIA(The Computing Technology Industry Association=コンピューティング技術産業協会)」の米国本部は、毎...

マーケティング関連ニュース

「センセイ」というAIがスゴイ!?

 これまで「我々のAI機能はすごい(アメージング)」と主張してこなかった米アドビシステムズが方針を一転、同社のAIを前面に打ち出した。それが「Adobe Sensei(センセイ)」だ。Senseiは日本語の先生を意味する。2017年2月23...

BtoB企業の未来を開く動画マーケティング

イベントを彩る動画、「意味のある」映像に不可欠な要素とは

 早いもので4月も中旬となりました。日本では約70%の企業が4月に新年度を迎えます。そんな季節に合わせるかのように、動画に関わる様々な問い合わせが私たちの会社に届きます。特にこの時期に多いのは、新年度最初のイベントとなる、5月から6月に開催...

コンテンツマーケティングの教科書

コンテンツマーケティング、進んでいますか?~守りの施策から攻めの施策へ~

 「コンテンツマーケティング」「マーケティングオートメーションツール(以下MAツール)」「アカウントベースドマーケティング(以下ABM)」…マーケティング業界には次々と新しいトレンドが生まれています。マーケティングを生業とする皆様でも、「新...

日本を復活させるB2Bマーケティング

本当に必要なB2Bマーケティング改革のポイント

 今回は、マーケティングの視点に立ちICTを使ってビジネスをクリエーションする取り組みについて考えることにしました。マーケティングオートメーション(MA)の導入や、ABM(Account Based Marketing)手法の習得などについ...

一歩先を行くデジタルマーケティング

3月に確定した「ロケーションターゲティング」の“業界標準”、その意味を理解する

 日本では、全く話題になっていないのだが、2017年3月29日に、ロケーションターゲティング(位置情報を元にしたターゲティング)に関わる大きな発表があった。米MRC(Media Rating Council=メディア評価評議会)が、ロケーシ...

事例こそ最強のBtoBマーケティングである

マーケティングオートメーションとユーザー事例の関係(4)~情報発信では続けやすさを重視する

 いよいよ情報発信パターンの8番目「ユーザー事例」について記します。マーケティングオートメーション(MA)では案件を育成するため、顧客に向けて定期的な情報発信を継続しなくてはなりません。「案件育成には情報発信が必要」という原則は普遍的といえ...

ビジネスで使えるInstagram入門

「非ビジュアル系」企業のInstagram活用法──病院・スポーツジム・金融保険系

 「うちは非ビジュアル系だから…」と、自社の業種・業態を理由に最初からInstagram活用を諦めている企業もあるだろう。しかし、一見非ビジュアル系の業種・業態でも、うまく活用しているところはある。今回はInstagramとは遠いイメージの...

知っておきたいBtoBマーケティングのきほん

歴史や時代背景も紹介、「オウンドメディア」の全体像とそのメリット

 今回は、最近注目を集めているオウンドメディアとその特長について、理解を深めるために、歴史や時代背景も含めてご紹介します。

B2Bハッカー・飯室淳史氏 特別対談企画

なぜ日本企業はカスタマーエクスペリエンス向上に失敗するのか?

「カスタマーエクスペリエンス(顧客体験:CX)」の向上が、顧客に選ばれる企業になるためのカギになる――。このことが、グローバルでは常識になりつつある。しかし、こと日本企業では、CX向上の成功例はまだ少ない。その理由と打開策について、マーケテ...

>> もっと見る

注目コンテンツ