• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トレンド

  • ドローンと睡眠センサー、働き方改革に役立つ意外な活用法

     政府が積極的に推進している働き方改革。ITを活用した施策といえば、テレワークやRPAによる業務の自動化などが話題だ。しかし最近では、一見すると働き方改革とは無縁そうなテクノロジーを活用するケースが出てきている。

  • ベテラン、“黒帯”でやる気にさせる

     優れたスキルを持っているにもかかわらず、やる気を失ってしまうベテランは少なくない。業種を問わず、人手不足が深刻化しつつあるなか、そうしたベテランのやる気を取り戻すためにはどうしたらよいか。

  • 右脳のVR、左脳のAR

     あたかも仮想空間にいるように体験できる技術の「仮想現実(VR)」と、現実の映像にCGを重ねて表示する技術の「拡張現実(AR)」。ともに業務利用が進んでいる。一見、似たようなことを実現できる二つの技術だが、VRは利用者の感情に訴えかけるために使われ、ARは論理的に説明するために利用されることが多い。

  • 効率の悪い会議は誰のせい?

     働き方改革の一環として、今、注目を集めているのが会議の効率化だ。日経情報ストラテジーの調査によれば、30.2%のビジネスパーソンが1週間に7時間以上の時間を費やしている。この時間を短縮する、もしくは、同じ時間でより有用な結果を導くことは企業にとって大きな意味がある。

  • 攻めのIT経営銘柄企業、「熟練の技」の再現に挑む

     経済産業省と東京証券取引所は2017年5月31日、企業価値向上のためにITをフル活用する企業31社を「攻めのIT経営銘柄2017」として選定した。選定企業31社のIT活用事例は、国内最先端のデジタル変革のモデルケースといえる。各社の取り組みを分析することで、攻めのITの傾向が分かる。

  • AI導入、三つのパターンに立ち返ろう

     第3次人工知能(AI)と呼ばれる昨今、具体的にAIシステムの導入を検討している企業も多いことだろう。効果を出すためには、何のために導入するのか、目的をはっきりさせることが肝要だ。成功事例を分析すると、AI導入の目的は3パターンあることが分かる。

  • 世界脅かすWannaCry、経営層に説明できるか?

     2017年5月12日以降、世界中で過去最大規模のサイバー攻撃が発生した。日本企業でも日立製作所や東日本旅客鉄道(JR東日本)などが被害にあった。JPCERTコーディネーションセンターによると、5月13日正午時点で約600カ所、2000端末が感染したという。

  • 人手不足に悩む小売業界、レジ効率化の競争へ

     経済産業省と大手コンビニ5社は2017年4月18日、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズの全ての取扱商品にICタグを利用することで合意した。狙いの一つはレジ業務の効率化だ。ICタグをまとめて読み取ることで、バーコードをスキャンするよりも早く会計できることを期待する。

  • 協業なくしてIoTビジネスの成功なし

     業種・業態を問わず、IoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用し、新ビジネスや新サービスを生み出そうとする企業が増えている。IDC Japanによれば、国内IoT市場は2021年に11兆円に達するという。