• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

USBメモリー型シン・クライアントにモバイル機能を追加,Berry Japanが新版を発表

菅井光浩 2005/08/12 日経SYSTEMS

 Berry Japanは8月12日,USB型シン・クライアント製品「Berry OS Enterprise」にモバイル・アクセス機能を追加した新版「Berry OS Enterprise M(BOEM)」を発表した。8月15日から出荷開始する。

 BOEMは,ウィルコムのAIR-EDGE(PHS)カードのデバイス・ドライバを登載した。これにより,同カードを利用してモバイル環境でネットワーク通信が可能となった。また,米IntelのCentrinoチップセットにも標準対応しており,Centrino対応PCであれば街角のホットスポットなどから無線通信が可能である。バッファローなどの後付けの無線LAN用PCカードの動作については,「検証が完了次第,随時データを公開していく」(マーケティング本部 江住慎太郎氏)とする。

 シン・クライアントとは,ハードディスクを搭載せず,ローカルにデータを保存する仕組みを持たない端末のこと。BOEMは,USBメモリーのほかに,コンパクトフラッシュやSDカードの中に組み込むことも可能。

(菅井 光浩=日経システム構築)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る