経営のトピックス-PR-

「デュアルコアのPentium 4は急ぎで作ったもの」,Intel技術者が認める

2005/08/22
茂木龍太(下訳つき)

 米IntelのエンジニアであるJonathan Douglas氏は先週,マイクロプロセッサのコンファレンスで「Pentium Dチップは市場に急ぎ投入されたので,結果として技術的に間に合わせの仕事となった」と話した。IntelがデュアルコアのPentium 4の計画を発表し「Pentium D」と名前を変えて以来,ライバルのチップ・メーカーである米Advanced Micro Devices(AMD)の幹部たちは「Intelの設計は劣っていて,AMDのデュアルコア・チップにはない,性能を劣化させる特徴を持っている」と論じていた。Intelがこの事実を認めたのだ。

 さらに同氏は「IntelはPentium Dを急いで提供するために,Pentium 4のメモリー・バスをそのまま引き継がなくてはならなかった」と述べた。これがデュアルコアのPentium Dでの性能のボトルネックを生んだのだ。このボトルネックはAMDが指摘したように,AMDのチップにはない。Intelはこの問題と他のPentium Dの性能面の問題を将来のアップグレードで解決するつもりだ。

(Paul Thurrott)

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

社内で一目おかれる 事例マーケター養成講座【9/9開催】

社内で一目おかれる事例マーケターになるための勘所(事例の選び方、作り方、伝え方)を伝授!