• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

MicrosoftがXP SP2のインストールでスパイウエア問題を警告

木下篤芳(下訳付き) 2004/09/06 ITpro

 米Microsoftは先週,XP SP2をインストールするユーザーに対して,自分のシステムからまずスパイウエアを削除するようにと広報している。しかし,Microsoft自身はスパイウエア除去ツールを提供していない。

 MicrosoftはスウェーデンLavasoftの「Ad-Aware」や米Webroot Softwareの「SpySweeper」などの製品を使うよう推奨している。MicrosoftはさらにSP2を性急に導入する前に,重要なデータをバックアップするようユーザーに勧めている。今日までに1500万から2000万人のXPユーザーがSP2をインストールしたとMicrosoftはいっている。

(Paul Thurrott)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USB給電に異常アリ?粗悪品が生まれる謎

     PCの外部インタフェースとして普及したUSBは、信号の送受信と同時に電源を供給する役割がある。給電側と受電側が折衝し、適切な電力を供給する。ところがUSB Type-Cケーブルによっては、機器の破損につながりかねない挙動を示すという「謎」が存在する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る