• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

MicrosoftがXP SP2のインストールでスパイウエア問題を警告

木下篤芳(下訳付き) 2004/09/06 ITpro

 米Microsoftは先週,XP SP2をインストールするユーザーに対して,自分のシステムからまずスパイウエアを削除するようにと広報している。しかし,Microsoft自身はスパイウエア除去ツールを提供していない。

 MicrosoftはスウェーデンLavasoftの「Ad-Aware」や米Webroot Softwareの「SpySweeper」などの製品を使うよう推奨している。MicrosoftはさらにSP2を性急に導入する前に,重要なデータをバックアップするようユーザーに勧めている。今日までに1500万から2000万人のXPユーザーがSP2をインストールしたとMicrosoftはいっている。

(Paul Thurrott)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから挑戦!IoT開発】

    IoTには必ずバグがある

     単純なコーディングミスからインタフェースミスマッチまで、多様なバグがIoTに生息している。IoTシステムの仕様に未確定の部分があったり、構造や機能が複雑になったりすると、バグは飛躍的に増える。その種類も多様で、昆虫図鑑が作れるほどだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る