• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米MS,Windows XP Home Edition英語版向けにSP2の自動更新を開始

茂木龍太 2004/08/19 ITpro

 米Microsoftは8月18日(米国時間),Windows XP Home Edition英語版ユーザー向けにService Pack 2(SP2)の提供を開始した。「自動更新」機能を有効にしているユーザーが対象となる。XP Professionalのユーザーが自動更新機能を通してSP2を入手するには,25日水曜日を待たなければならない。

 Windows XP SP2は8月6日に完成して,先週から企業ユーザー向けのネットワーク・インストール・パッケージがダウンロード・センターで公開されている。関係者によると,箱に「Advanced Security Technologies(セキュリティ強化機能搭載)」と書かれ,SP2を適用したWindows XP ProfessionalとHome Editionのパッケージ版は,9月27日に出荷が開始される。

 米Microsoftによれば,夏の間に100万以上のユーザーがベータ版か製品出荷候補版(RC版)をインストールした。それらのユーザーに対しては,最初に正式版への更新を実施している。その後,同社は更新・配布対象を徐々に拡大している(関連記事)。同社によれば,現在約3億人がWindows XPを使用しているという。そして,9月末までに1億コピー以上のXP SP2を提供する予定という。

翻訳者注:本記事に記載しているスケジュールはすべて英語版のWindows XPに関するものです。日本語版Windows XPに関するスケジュールは現時点で未定です。

(Paul Thurrott)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから挑戦!IoT開発】

    IoTには必ずバグがある

     単純なコーディングミスからインタフェースミスマッチまで、多様なバグがIoTに生息している。IoTシステムの仕様に未確定の部分があったり、構造や機能が複雑になったりすると、バグは飛躍的に増える。その種類も多様で、昆虫図鑑が作れるほどだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る