• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ハイパー・スレッディングCPUのマシンでは「ライセンスは物理プロセッサ単位でカウント」とMSが発表

茂木龍太 2002/03/26

 マイクロソフトは3月25日,インテルのCPU高速化技術「ハイパー・スレッディング」を採用したマシンでは,プロセッサ・ライセンスを物理的なCPUの数でカウントすると発表した(該当サイト)。ユーザーは,2個の物理的なプロセッサのマシンを4個の論理的なプロセッサのマシンとして利用してもソフトウエアのライセンスが2プロセッサ分で済む。

 ハイパー・スレッディングはサーバー向けプロセッサ「Xeon」が搭載する高速化技術。1つのCPUを論理(仮想)的に2つに見せかけ,使われていないパイプ・ラインや演算器を利用して処理速度を高める。データベース管理システムのようなサーバー・アプリケーションは使用CPU数で課金するプロセッサ・ライセンスを採用している場合があるが,ソフト・ベンダーのプロセッサ数解釈により,ソフトの使用金額が大きく変わる可能性があった。

 多くのソフト・ベンダーはマイクロソフトの決定に追随しようとしており,物理プロセッサ数でのライセンス・カウント方法が普及しそうだ。ちなみに日本IBM,日本オラクルとも物理プロセッサ数でカウントするとしている。

 ただし,サーバー製品の対応CPU数の制限により,上位版を使わざる得ないケースがある。例えばSQL Server 2000の下位版Standard Editionでは,対応するCPU数は論理的にも4個までで,物理的に4個のCPUを搭載するサーバーではハイパー・スレッディングを利用できない。この場合,上位版の同Enterprise Editionを使う必要がある。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「純文学テック」はWebと出版の未来を切り開くか

     IT×金融の「FinTech」などX-TECH(クロステック)があらゆる分野に広がっている。ヤフーと三島由紀夫賞受賞作家である上田岳弘氏、新潮社、デザイン会社のタクラム・デザイン・エンジニアリングが2017年9月に始めたのは「純文学テック」と呼べる取り組みだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る