• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

オン・ザ・エッヂ,Perl用のWebアプリ開発フレームワークを無償公開

井上英明 2003/02/13 日経SYSTEMS

 オン・ザ・エッヂは2003年2月13日,PerlでWebアプリケーションを開発するためのフレームワーク「Sledge」を公開した。同社のサイトおよびSouceForgeからダウンロードできる。同フレームワークはオープンソースとなっており,商用目的でも無償で利用できる。GPL(GNU General Public License)ライセンスおよびArtistic Licenseのどちらかのライセンスを選択できる。

 同社では既にSledgeを用いてコミュニケーション・サイト「Telmi」など,多数のWebサイトを構築している。

 Sledgeは3階層でアプリケーションを構築するMVC(Model-View-Controller)モデルを採用している。テンプレートからHTML画面を動的に生成する機能,RDBMSとの連携機能,ユーザーを認証し,同じユーザーからの一連のアクセスを関連づけるセッション管理機能などを備える。セッション管理機能では,クライアントを識別するためのセッションIDをURLに埋め込む方式とCookieに埋め込む方式を選択でき,携帯電話のWebブラウザにも対応する。サーバー側でセッション情報を保管するためにはオープンソースのDBMSであるMySQLやPostgreSQLなどを利用する。

 そのほか,開発環境と本番環境で設定ファイルを読み分ける機能などを備えている。文字コードの自動変換など,日本語環境固有の問題にも対応する。

 今後,Sledgeの機能を拡張するためのプラグインも提供していく方針である。2003年2月14日には,HTTPダウンロードの際にブラウザごとの差異を吸収する「Sledge-Plugin-Download」や,不要となったセッションを自動消去する「Sledge-Plugin-SessionAutoCleanup」など,プラグイン7種を同サイトで公開する予定。今後も「Oracle対応のDB接続プラグインなどを開発をしていく」(Sledge開発の中心となっている オン・ザ・エッヂ 執行役員上級副社長 ウェブ事業部担当 宮川 達彦氏)という。

 Sledgeは,CGIからPerlを呼び出すことのできるWWWサーバー環境で動作する。Apacheとmod_perlを組み合わせた環境でも使用できる。対応OSはFreeBSD,Linux,SolarisなどのUNIXおよびUNIX互換OS。現在の対応RDBMSはMySQL,PostgreSQL,SQLiteで,今後拡張していく。

(井上 英明=日経オープンシステム)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはどれくらい速いの?

     第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速ま…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る