• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ネットワークHOTTOPICS

TCP/IPはなぜ二つがセットで呼ばれるのか?

2004/11/15 日経NETWORK

 TCP/IPという用語はTCP(transmission control protocol)とIP(internet protocol)という二つのプロトコルを組み合わせたものだ。しかし,なぜこの二つを組で呼ぶだろうか。今回は,TCP/IPという呼び名の由来を見ていこう。

 TCP/IPとは,TCPとIPという二つのプロトコルを指すだけでなく,TCP,IP,UDPといったTCP/IPプロトコル群全体を指す総称として使われる。その理由の一つは,TCPとIPがTCP/IPプロトコル群の中核的な役割を果たすところにある。さらに,TCP/IPの生い立ちを調べると,もう一つの理由が見えくる。

 TCP/IPの研究開発が始まったのは,パケット通信技術を用いた世界最初のネットワークであるARPANET(アーパネット)が稼働を開始してから4年ほどたった1973年ころ。このころになると,ARPANET以外にもいくつかのネットワークが動き始めていた。いくつかのネットワークがあれば,それを相互に接続しようという方向に進むのが自然の発想。そこで,相互接続のための技術開発が始まった。その技術がTCP/IPである。

 ただ,最初に開発されたTCP/IPは,今の姿とは違っていた。今のTCP/IPは,パケットを運ぶ部分をIPが担当し,データ転送をコントロールする部分をTCPが担当している。しかし,データを運ぶという動作を間違いなく実行するにはTCPとIPの両方が必要で,両者を分ける必要はない。そのため,最初はTCPとIPの役割を分けずに,二つの役割が一体化されていた。そして,この一体化したプロトコルをTCPと呼んでいたのである。

 データを間違いなく運ぶという役割はネットワークにとって重要であり,それは今でも変わらない。ところが,その後の研究によって,間違いなくデータを運ぶことだけが通信のすべてではないことがわかってきた。例えば,IP電話のような音声通信では,音声を再生するタイミングに合わせてパケットを運ばなければならない。消えたパケットを送り直していると,音声を再生するタイミングに間に合わない。つまり,今のTCPの役割が,邪魔になることがあるのだ。

 そこで研究者たちはIPの役割を単独で使えるようにするために,IPをTCPから切り離した。1978年のことである。これで,TCP/IPは今とほぼ同じ姿になった。ただ,TCP/IPという言葉が登場するのは,もう少しあとのこと。しばらくの間,TCPから切り離した部分に対する呼び名が定まらず,IPという名前に落ち着くのに時間がかかったからである。

 TCP/IPという用語が初めて登場するのは,1980年7月に発行されたIEN152という技術文書である。IEN(Internet experiment note)はインターネット初期のころの技術的なドキュメント集である。以降,TCP/IPという言葉が広く使われるようになった。元々一つだったものを二つに分けたのだから,二つをワンセットで呼ぶのは自然なのである。

戸根 勤=SOHO「GlassCom.com」主宰)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る