【ニュース】

アークインターナショナルとイーツがXMLファイルなどを変換するASPサービスを開始

福田崇男 2001/11/26


 アークインターナショナルイーツは,企業間でデータをやり取りするユーザー向けに,XML(拡張可能マークアップ言語)ファイルやExcelなどのファイルを受け付けてデータを抽出,変換し,相手のサーバーに配信する「XML変換ASPサービス」を,2002年4月に開始する。アークが開発したXMLデータ変換ツール「eXtran」を,イーツが運営するデータセンターに設置し,変換サービスを提供する。

 変換元のデータは,XMLファイル以外にも,Excelファイルなどの文書ファイルが利用できる。XML変換サービスを提供するサーバーへは,それらをHTTP(ハイパーテキスト転送プロトコル)かHTTPS(HTTP over SSL)で送信する。SMTP(シンプル・メール転送プロトコル)を使い,メールで送信することも可能である。そのように配信されたデータは,あらかじめ用意してあるスタイルシートに基づいて,ほかの形式に変換する。返還後のファイル形式は,XMLやExcel形式などを依頼企業が指定できる。変換サーバーから受け取る企業側へは,HTTPSやメールで送信する。受け取る企業が用意したデータベースに,JDBC経由でデータを直接書き込む機能も備える。対応しているデータベース管理ソフトウエアは,Oracle,DB2,SQL Serverである。アークインターナショナルは,初年度で50社の利用を見込む。料金は未定である。(T.F.)




あなたにお薦め

  • 

連載新着

連載目次を見る

  • 
    

現在のアクセスランキング

ランキング一覧を見る