• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

銀行やデータ・センターなどのコンピュータ室で思わぬトラブル続発,原因は目に見えない「亜鉛ウイスカ」

伊藤大貴 2002/12/02 日経テクノロジーオンライン

 実は今,コンピュータ室で思わぬトラブルが続発している。例えば電源が突然停止する,ハードウエアの端子の信号レベルがおかしくなるといった具合である。あわてて担当者がコンピュータの筐体を開けて隅々まで調べても,なぜか異常は見当たらない。

 最近になって,そうした原因不明のトラブルを引き起こしていた「犯人」が分かってきた。すべての場合というわけではもちろんないが,目に見えないほど小さい「亜鉛(Zn)ウイスカ」と呼ぶ,Znの針状結晶がコンピュータ内部に入り込んで不具合を誘発しているというのだ。

 このZnウイスカは,コンピュータ室の床下パネルや支柱に施されたZnメッキから発生する。現状では解決策は1つしかない。それは「コンピュータ室の環境を変えること,つまり床下パネルの部材などをウイスカの発生しないものに作り変えることだ」(電子情報技術産業協会(JEITA) コンピュータ室設備専門委員会 委員長の馬場 敬博氏)という。現在,馬場氏のもとにはデータ・センターや銀行などから10数件の問い合わせが相次いでいるという。

(伊藤 大貴=日経エレクトロニクス)

■より詳しい内容は,こちらでご覧いただけます
(お読みいただくには,NE ONLINEへの登録が必要です。登録説明ページはこちら)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【戸田覚のIT辛口研究所】

    最新のFire HD 10はありえないほどのコスパだ

     ずいぶん以前からKindleを取り上げてレビューしてきた。だが、いわゆるタブレットとして使えるFireシリーズについての評価は、60~70点がいいところだった。格安ではあるものの、独自のストアにあるアプリしか使えないのがウイークポイントだった。今回レビューする最新モデル「Fire HD 10」も同…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る