• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ユーザーの操作ログを監視,MBSDが情報漏えい対策ソフトの新版

榊原康 2005/07/06 日経コミュニケーション

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は7月6日,情報漏えい対策ソフトの新版「Digital Guardian 3.0」を発表した。米バーダシスが開発した製品で,パソコンの操作ログを収集/監査する機能などを備える。7月20日から出荷を開始する。

 Digital Guardianでは,サーバーやクライアント・パソコンに専用エージェント・ソフトをインストールし,操作ログをリアルタイムに収集する。取得できるログはファイル操作や印刷,外部メディアの利用,メールへのファイル添付など。米マイクロソフトの「Windows Terminal Services」や米シトリックス・システムズの「Citrix Presentation Server」を利用したシン・クライアント環境でも操作ログの取得が可能。

 操作ログは管理サーバーで集中管理する。管理者はWebブラウザを使い,特定アプリケーションやファイル,ユーザー別の利用状況などを分析できる(写真)。「ユーザーがデータを操作している状況を可視化させることが可能」(MBSDの野村一洋社長)。また,あらかじめ設定したポリシーに反する操作をユーザーが実行した場合はユーザーや管理者に警告を出したり,操作そのものをブロックしたりする機能も備える。

 参考価格はユーザー数が1000人の企業で,1ユーザー当たり約2万8000円。動作OSは,エージェントがWindows 2000/XP/Server 2003,管理サーバーがWindows Server 2003。ログの管理データベースとして別途SQL Server 2003が必要。ポリシーの設計を支援する「MBSD プロフェッショナルサービス」を提供するほか,2005年末をめどにパートナ企業経由でASP(application service provider)サービスとしての提供も予定する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【VoLTEの謎】

    格安スマホでもVoLTEは使える?

     最近はMVNOが提供する格安スマートフォン(スマホ)を利用する人が増えています。こうした格安スマホのユーザーでも新しい音声通話技術である「VoLTE」は使えるのでしょうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る