• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

1000台超のN900iLを日本コムシスが大規模導入,ブラウザも活用

大谷晃司 2005/04/21 日経コミュニケーション

 日本コムシスは,NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」を1000台以上使った大規模IP電話システムの構築を開始する。5月から6月にかけて大崎本社に700台,品川本社に500台のN900iLを導入。このうち約半分はFOMA契約をしない白ロムを採用する計画である。既に大崎本社の一部では試験運用を始めている(写真)。

 同社では現在,内線電話システムに事業所PHSを使っている。また,外出が多い社員は携帯電話も併用。N900iLを導入することでこれらを1台にまとめることができる。

 PHSは白ロムで利用しているため,FOMA機能を持たない無線VoIP端末の採用も検討した。だが,同社ではWebブラウザをインターフェースとして使った業務アプリケーションを既に活用している。これらを携帯から利用できるようにするため,白ロムも含めて無線LANブラウザを搭載するN900iLに統一した。

 N900iLと組み合わせる無線LANアクセス・ポイント/スイッチは,NEC製の「UNIVERGE WLシリーズ」を採用する予定。SIP(session initiation protocol)サーバーは同社が販売するユニーク・リンク製のSIPサーバー・ソフト「OfficeWizard SIPサーバ」を使って構築する。ただし,OfficeWizard SIPサーバはN900iLが備える独自拡張プロトコルを使った内線機能には対応していない。そのため,別途N900iLの独自SIPシーケンスを変換して内線機能を相互利用できるようにするゲートウエイを組み合わせる。

 今後,同社は3年程度かけて支店などを含め全社にシステムを展開。最終的には固定IP電話を合わせると端末台数が1万台規模のIP電話システムとなる。

(大谷 晃司=日経コミュニケーション

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    テストで欠陥を見逃す、たった三つの要因

     デジタル化が進むほど、システムの品質はビジネスと直結するようになる。止まったり、間違った結果を返したりするバグがあると、ビジネスに直接ダメージを与えてしまう。こうした欠陥を見つけ出し、品質を確保する関門となるのがテストだ。ただ、十分なテストを実施できているかどうか、実のところ心許ない。

  • 【ITpro Report】

    脅威を検出「Azure Security Center」は使えるか

     Azure Security Centerは、Azure上の仮想マシンやネットワークなどのリソースのセキュリティポリシー違反、外部からの攻撃やマルウエアの活動といった脅威を検出するサービスだ。ポリシー違反のリソースについては、21の推奨対策が用意されており、画面上のナビゲートに沿って実行できる。機…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る