• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

おとくラインの契約数は秘密だが来月には明かす──孫社長

市嶋洋平 2004/12/06 日経コミュニケーション

 ソフトバンクの孫正義社長は12月6日,グループの日本テレコムが1日に開始した直収固定電話サービス「おとくライン」について「来年1月には契約数などのデータを発表する」と明かした。携帯電話の800MHz帯への免許申請に関する記者会見で言及したもの。

 孫社長は,おとくラインの開通については「1日から最初の接続が始まったが,とりあえずスタートは少数から。実際のフィールドはここからなので,いきなり何十万は無理。今のところ問題は出ていない」と説明。ユーザーの契約数や開通数など,サービスを評価できる指標については,「営業上の秘密なので現段階では公表できない。ただ12月末までで締め切って,来月の半ばまでには公表したい」(孫社長)と断言した。

 また,おとくラインを巡り平成電電から訴えられている件についてコメントを求められると,「12月1日に始めるサービスへの仮処分の訴えを受けたが,実際には我々は同日からサービスを始められている。つまり仮処分は無効であった」(孫社長)と述べるにとどまった。今後は本訴が東京地方裁判所で争われる見通しだ。

(市嶋 洋平=日経コミュニケーション

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る