• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米HPがCIO人事でウルトラC、「デル・モデル」の立役者を引き抜く

玉置 2005/07/13 日経コンピュータ

 米ヒューレット・パッカード(HP)が「デル・モデル」をゲット――。HPは同社のCIO(最高情報責任者)に、米デルの元CIOだったランドール・モット氏を招へいして、社内のITインフラの立て直しを図ろうとしている。モット氏は米ウォルマート・ストアーズで22年間にわたって情報システムに携わり,1997 年には米InformationWeek 誌の“CIO of the Year”に選出されたこともある人物。2000年2月に米デルのCIOに就任した後は、同社のサプライチェーン・マネジメント(SCM)をさらに洗練して直販と組み合わせた、いわゆる「デル・モデル」の強化に貢献した。

 モット氏をデルから引き抜いたのは、米NCRからHPに移った新CEOのマーク・ハード氏と言われている。ハード氏はNCR時代、ウォルマートとデルの両社にTeradataを使ったデータ・ウエアハウス・システムを納入。両社でCIOを務めていたモット氏の手腕を見込んで、HPでのCIO職を任せたと見られる。

 HPにとって、デルは最大のライバルの一社。旧コンパック時代から現在に至るまで、パソコンやパソコン・サーバー、ストレージなど、主要な製品分野で常に競合してきた苦々しい存在だ。「デルはビジネスを割り切っている。徹底的にプロセスを標準化・効率化して、ハードウエアを低価格で売りさばく。確かに効果は上がっているが、プロセスは決まり切っていて、ひたすら数字を追うだけ。社員からすれば何の面白みもない」(HP社員)。

 HP社員がこう評するデルのビジネスを具現化したのがデル・モデルだ。HPは2004年、米国内の受注管理システムの刷新に失敗し、9200万ドルの営業損失を計上。上級副社長3人を更迭するなど、社内オペレーションでの混乱が続いている。デル・モデルの推進者だったモット氏を引き抜いたことで、HPはどう変わるのか。今後の動向が注目される。

玉置 亮太=日経コンピュータ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る