• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米カーネギーメロン大、情報セキュリティ特化の日本校を神戸に開校

福田 2005/06/07 日経コンピュータ

 米カーネギーメロン大学(CMU)(ペンシルバニア州ピッツバーグ)は兵庫県と提携し、神戸市内に情報セキュリティ分野に特化する「カーネギーメロン大学日本校」を6月7日に開校した。同校を卒業すると、米CMU大学院修士の学位「MSIT-IS(Master of Science in Information Technology -Information Security)」を取得できる。

 CMU日本校が実際に授業を始めるのは9月から。履修期間は、4カ月を1学期とした1年4カ月(4学期)で、情報セキュリティ技術のほか、プライバシやリスク管理などに関する科目も開講する。日本校のカリキュラムは基本的に、CMU情報ネットワーキング研究所のカリキュラムや教材と同じで、CMUの講師が英語で教える。一部の科目はCMU大学が開発したビデオ会議システムを使って、米ピッツバーグから授業する。そのほかに、情報セキュリティ監査や法制度など日本独自の科目を追加する。

 日本校は7月29日まで入学願書を受け付ける。1学年の定員は20人。学部卒でIT関連の知識を要し、米国大学院への留学が可能なレベルの英語力を有することが条件。TI業界で2年以上の勤務経験があればなお可、としている。授業料は1学期が1万5800ドル、技術料が1学期あたり100ドル。ほかに実費の教材費がかかる。奨学金制度を用意する。

 6月7日の開校式典に来日したCMUのジャレッド・コーン学長(写真)は席上、「情報セキュリティ分野でリーダーになる人材を育てたい」と意気込みを語った。共同設立者である兵庫県の井戸 敏三知事は、「社会基盤と言える情報システムを適切に運用するには、情報セキュリティ分野の人材育成が必要だが、日本には同分野の技術者が少ない。神戸が日本の、ひいてはアジアの情報セキュリティの中心地になれば」と期待を語った。

 CMUは、コンピュータ科学やロボット工学といった技術分野において世界有数の大学。1988年に、不正アクセスやセキュリティ・ホールに関する情報を集める団体「CERT Coordination Center」を学内に設立したことでも知られる。同大学における情報技術分野の研究・教育機関は「CyLab」と呼ばれ、日本校は「CyLab Japan」と呼ぶことになる。既に、「日本国内だけでなく、他のアジア諸国からも出願書類が届いている」(コーン学長)という。

福田 崇男=日経コンピュータ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る