• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Windows Updateの偽サイト出現、フィッシングの可能性

河井 2005/04/07 日経コンピュータ
Windows Updateの偽サイト
Windows Updateの偽サイト
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 

Windows Updateの偽サイト

 Windows Updateの偽サイトが4月7日、見つかった(写真[拡大表示])。フィッシング情報を収集・公開するフィッシング詐欺サイト情報によれば、Windows Updateを促す英語のフィッシング・メールが国内に出回った。偽サイトのURLはIPアドレスで、221.151.249.236/update/。実際のサイトは韓国にある。うっかりUpdateを実行すると、不正プログラムを埋め込まれる恐れがあるので、要注意だ。

 偽サイトのページには、不正プログラムと見られるアップデート・ファイルへのリンクがある。画面には、Express InstallとCustome Installの2種類のリンクがあり、どちらも、クリックするとWupdate-20050401.exeという実行形式のファイルをダウンロードするようになっている。実行ファイルの内容は不明だが、キー・ロギングを実行したりhostsファイルを書き換えたりするスパイウエアや、ウイルス/ワームである可能性が高い。なお、7日23時現在、偽サイトはまだ閉鎖されていない。

河井 保博=日経コンピュータ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    トヨタがブロックチェーンに触手を伸ばす理由

     自動運転や人工知能(AI)の研究を手掛けるトヨタの米子会社が、Ethereum(イーサリアム)の企業連合に参加――。2017年5月、ブロックチェーン技術を含む分散台帳技術(DLT:distributed ledger technology)の未来を占う上で興味深いニュースが飛び出した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る