• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「到底承服できない」、ジャストシステムが特許訴訟で控訴

松浦 2005/02/08 日経コンピュータ

 ジャストシステムは2月8日、同社製ソフトに対して製造・販売の差し止めなどを命じた東京地方裁判所の判決は「到底承服できない」として、本日午後に東京高等裁判所に控訴したと発表した。

 ジャストシステムの代表取締役社長である浮川和宣氏は、「そもそも発明の精神は、産業の発達に寄与することを本来の目的としているものであって、発明そのものの権利を乱用することによって技術の発展を阻害するものであってはならない。本件は、その精神から逸脱しており、産業の発達に寄与しない訴訟だと考えている」とコメントした。

 訴訟の争点は、「?」印とマウスの絵を組み合わせたヘルプ・アイコンを指定し、別のアイコンの位置にドラッグすると、そのアイコンの機能が表示される「バルーン・ヘルプ」と呼ぶ機能が、松下電器産業の特許を侵害しているかどうか。この機能は、ジャストシステムのワープロ・ソフト「一太郎」とグラフィック・ソフト「花子」で使われている。

 ジャストシステム広報グループによると、「控訴審第一回口頭弁論の日程は、東京高等裁判所から指定されるのでまだ分からない」とした。ワープロ・ソフトの新バージョンである「一太郎2005」の販売開始日は2月10日で変わりない。

松浦 龍夫=日経コンピュータ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る