• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米PalmSourceが中国の携帯電話ソフト会社を買収,Palm OSのLinux版開発へ

早坂利之 2004/12/09 ITpro

 米PalmSourceは,携帯電話向けソフトウエアを手掛ける中国のChina MobileSoft(CMS)を買収する。PalmSource社は米国時間12月8日に,両社が合意に達したことを明らかにした。PalmSource社は,新たに発行する自社の普通株約157万株と引き換えに,CMS社の発行済み株式を取得する。取引は,株主の承認などを経て,2005年2月に完了する見通し。

 CMS社とその子会社は,携帯電話向けソフトウエアや,スマートフォン/モバイル機器向けOSを手がけている。また,モバイル機器向けに最適化したLinux開発にも取り組んでいる。

 PalmSource社は,CMS社の買収を通じて,携帯電話とモバイル機器の世界市場でリードを広げたい意向だ。また将来的には,CMS社のソフトウエアやOSに,Palm OSのルック&フィールを提供し,データの互換性を確保する計画である。「世界中のあらゆる価格帯の携帯電話が,Palm OSの恩恵を受けられるようにする」(同社)

 またPalmSource社は,LinuxベースのPalm OSを開発する計画を明らかにした。 Palm OS「Garnet」と「Cobalt」の提供を継続する一方で, Linuxカーネル上にPalm OSを実装する。ただし,米メディア(CNET News.com)の報道によると,「当社の商用製品のソースコードを公開する予定はない」(同社)としている。

 PalmSource社社長兼CEOのDavid Nagel氏は,「当社のリソースに,CMS社とLinuxという要素が加わることで,市場で優位に立つ大手OSとの競合に必要な,技術と顧客層を獲得できる」と説明した。

◎関連記事
フィンランドNokia,Java/Symbian OSベースの携帯アプリ基盤「Preminet」を発表
カナダRIM,「BlackBerry」向けJava開発ツールと「Exchange」「Domino」対応サーバー・ソフトをリリース
米Motorola,Linux/Java技術対応の携帯電話機のOSに「MontaVista Linux」を採用
世界中の携帯電話をマルチメディア端末に変える
いよいよ国内にも登場する「スマートフォン」とは? 
「2004年Q2の世界PDA出荷台数は前年同期比12%増,10期連続の減少から脱出」,米Gartner
「2004年Q3の世界PDA出荷台数は前年同期比13.6%増,Windows CEが首位に」,米調査 
「2004年Q3の世界携帯電話市場,首位はNokiaで2位をSamsungが獲得」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る