• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日本オラクルと米Ekahau,Wi-Fiベースの位置情報ソリューションを発表

高橋信頼 2004/11/27 ITpro

 日本オラクルと米Ekahauは,Wi-Fi対応無線LANベースの位置情報サービス(LBS:Location Based Service)およびリアルタイム位置特定システム(RTLS:Real Time Locating System)向けソリューションを,アジアで提供する。Ekahau社が米国時間11月25日に明らかにしたもの。

 両社は,LBS用フレームワーク「Oracle Location Based Services Framework」と,Ekahau社のソフトウエア「Ekahau Positioning Engine」,Wi-Fi対応タグ「Ekahau T101 Wi-Fi Tag」,受動型無線ICタグ(RFID)を組み合わせ,Wi-Fi対応LBSプラットフォームを構築する。これにより,Wi-Fi対応のノート・パソコン,PDA,タグなどを使い,リアルタイムに人や物品の場所を特定できるようになるという。

 「医療,製造,化学製品などの業界では,内部作業/製造プロセスやリソース/在庫管理を改善する新しい技術として,リアルタイム位置追跡ソリューションを検討している。高価なアンテナ・インフラを必要とするほかの技術と違い,当社のソリューションはIEEE802.11a/b/g対応アクセス・ポイントを使用し,既存のWi-Fiネットワーク上で動作する。しかも,どのメーカーのアクセス・ポイントでも使える」(Ekahau社)

 日本オラクル,ディレクタの浅野洋氏は,「Ekahau社のソリューションは標準的なソフトウエアだけを使い,既存のWi-Fiインフラ上に専用インフラを構築する必要がない。当社のデータベース・ソリューション,アプリケーション・サーバー,位置関連技術を組み合わせることで,エンド・ツー・エンドの位置追跡ソリューションをアジア企業に提供できる」と説明した。

◎関連記事
日立が無線LANによる位置検知システムを発売
【自動認識総合展速報】無線ICタグが生きる多彩なアプリケーションを提示
リモート監視や車両管理で活躍――課金の開始/終了も制御可能に
身近にあるRFIDが将来のプロトタイプに(1)
「無線MtoM市場から利益を得るには正しい分野への注力が必要」,米調査
「位置情報サービスへの関心が再燃,市場規模は2010年までに36億ドル」,米ABIの調査
[識者の眼] 実用化進む電子社員証,無線ICタグの先を行くその理由は?(1)
米ベル研,プライバシ保護と位置情報公開を両立するソフト技術「PCP」を開発

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る