• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「フィッシングと異なる新たな手法の詐欺サイトが増加中」,米調査

早坂利之 2004/10/13 ITpro

 米Websenseは,インターネットのセキュリティに関する調査結果を米国時間10月11日に発表した。それによると,フィッシングとは異なる手法で,詐欺をはたらくWebサイトが大幅に増加していることが明らかとなった。

 フィッシングは,正当な電子メールを装って,パスワードやPIN(暗証番号)などの個人情報やセキュリテイ情報を取得しようとする手口。銀行や小売販売など,既存の企業を模倣したWebサイトにユーザーを誘導する。これに対して新たな手法は,合法的な単独の小売り販売サイトのようにみせかけて,社会保障番号やクレジット・カード情報などを盗み出す。ユーザーは電子メールやWebページのリンク,検索エンジンなどを通じて見つけるため,正当なWebサイトだと信じてしまい,事務用品の注文やローンの申し込みを行うつもりで個人の金融情報を提供してしまう。

 アンチ・フィッシングの業界団体Anti-phishing Working Group(APWG)によると,フィッシングの模倣サイトは毎月約50%増加しており,新たな手法の詐欺サイトも増殖している。

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

・薬局,銀行,融資関連の詐欺サイトが最も多い

・大半の詐欺サイトは偽の連絡先を掲載しているか,連絡先が記載されていない。あるいは,サービス停止中である

・Webサイトの稼働期間は平均8.5日で,フィッシングのWebサイトと比べて長い

・詐欺サイトの大半は,米国外のホスティングを利用している

◎関連記事
「フィッシングによる米消費者の被害額は5億ドル」,米Ponemon Institute
米McAfee,個人向けファイアウオールとスパム遮断サービスの新版を発表
フィッシング・メールを検出、ノートンの新版
「送信者認証は“スパム対策”ではなくて“フィッシング対策”」――マイクロソフト
「2003年は電子商取引が急成長,しかしオンライン詐欺も急増」--米VeriSign調査
「2004年の米国オンライン小売り市場は前年比24%増,2008年まで年平均17%で成長」,米調査より
米国における電子商取引「過去5年間で年平均成長率97%で24億ドルから721億ドルに急成長」米Forresterが調査結果を発表
「オンライン詐欺による2003年の損失見込みは16億ドル以上,詐欺対策コストも増加傾向」,米企業の調査

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る