• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

加Royal Bank of Canadaが米SCOから出資引き上げ,残るは米BayStarのみ

2004/05/10 ITpro

 自社の知的財産が「Linuxに流用されている」と主張する米SCO Groupは,カナダのRoyal Bank of CanadaからSeries A-1転換優先株1万株を普通株式74万740株に転換するとの通告を米国時間5月5日に受けた。SCO社が5月7日に明らかにしたもの。またRoyal Bankが保有していたSeries A-1転換優先株の残り2万株については,既に米BayStar Capital IIに売却済みという。

 Series A-1転換優先株の取得価格は1株当たり1000ドル。Royal Bankはこれを1株当たり13.50ドルで普通株式に転換する。株式転換の手続きが完了すると,Royal Bankが保有するSCO社の株式は普通株式だけになる。

 BayStar社もSeries A-1株を持っているが,Royal Bankの手続きにより唯一の発行済みSeries A-1株保有者となる。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,BayStar社はSCO社が投資協定に違反したと2004年4月に訴え,2000万ドル相当の株式を償還するよう求めたという。

◎関連記事
米SCOがついにLinuxユーザーを提訴,自動車業界大手のDaimlerChryslerと米AutoZoneが標的に
米SCOが「MyDoom」ワームによるDDoS攻撃を受けたと発表
米SCO,UNIX著作権の主張を巡って米Novellを提訴
「Linuxに著作権侵害は認められず」,米OSRMが調査結果に基づき訴訟費用保険を開始
知的所有権を巡る理念なき暴走――SCOのLinuxユーザー提訴を考える
「SCOのLinuxユーザーに対する初の訴訟,日本企業に及ぶ可能性は低い」――弁護士 岡村久道氏
SCO訴訟がもたらしたもう一つの影
「LinuxはUNIXの海賊版」と主張するSCOの3つの弱点

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る