• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ID詐取「フィッシング」を防止するIE向けツールバー,米EarthLinkが発表

2004/04/20 ITpro

 米EarthLinkは米国時間4月19日に,フィッシング防止機能を持つInternet Explorer向けツールバー「Earthlink toolbar」を発表した。同社サイトからダウンロードできる。Internet Explorer 5.0以降で使用できる。

 フィッシングとは,正当な電子メールを装って,パスワードやPIN(暗証番号)などの個人情報やセキュリテイ情報を取得しようとする手口のこと。

 フィッシング防止機能は,Earthlink toolbarの一部として提供される「ScamBlocker」が提供する。ユーザーがフィッシング詐欺サイトと確認されたWWWサイト,あるいはその疑いのあるWWWサイトにアクセスしようとすると警告を発し,EarthLink社のWWWページにユーザーをリダイレクトする。WWWページには,フィッシングなどのオンライン詐欺に関する情報と,対策が掲載される。

 同ツールバーには,フィッシング防止機能のほかに米Googleの検索機能,EarthLink社のポップアップ広告遮断機能「Pop-Up Blocker」やスパイウエア検出機能「SpyAudit」などが含まれる。

 EarthLink社はまた,米eBayや米Brightmailと協力し,フィッシング詐欺サイトの特定と遮断に取り組む計画である。

 ちなみに,フィッシング対策団体のAnti-Phishing Working Groupによると,2004年2月に282件の新たなフィッシング詐欺が発生しており,1月の176件から増加している。

◎関連記事
米Network Associates,企業および個人にフィッシング対策を指南
phishing――だましのメールに釣られるな
米Microsoft,コンピュータ・ユーザー向けにスパム対策のヒントを発表
米Microsoftが電子メール・サービス「Hotmail」の新版を発表,スパム対策を強化
ブッシュ米大統領がスパム対策法案に署名,業界各社がコメント
「スパム増加に困惑する小規模企業の42%が電子メールの利用中止を検討中」,米Symantecの調査
米AOL,会員に3500万通を超えるスパムを送信した企業と個人をフロリダ州で提訴
初のCAN-SPAM法違反訴訟,ISPの米Hypertouchが住宅リフォーム・サイトを提訴
Gates氏,電子メールの身元追跡仕様「Caller ID for E-Mail」など,スパム撲滅に向けた新構想を発表

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る