• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NECの米国法人,全米規模のIPv6プロジェクトにルーターとスイッチを提供

和田英一 2003/11/13 ITpro

 NECの米国法人NEC Americaは,複数のベンダーによる次世代インターネット・プロトコルIPv6の接続実験「Moonv6」のテスト・ネットワークにおいて,同社のルーターとスイッチを提供している。同社が米国時間11月12日に発表した。

 同社の「BlueFire」シリーズのマルチサービス・スイッチ・ルーター,マルチレイヤ・スイッチ,アクセス・ルーターが,正式に始動された全米規模のIPv6に使われている。同コンポーネントのパフォーマンスと相互運用性がMoonv6プロジェクトの成功に貢献する。

 Moonv6プロジェクトは,実社会におけるIPv6のテストを目的としており,米国防総省と国内の30社を超える大手ネットワーキング,テスティング,通信企業が支援している。米国防総省傘下の組織,陸軍,海軍,空軍および海兵隊などが共同で取り組んでいる。米国防総省は,今秋IPv4を徐々に撤去して2008年をめどにIPv6へ全面移行すると発表している。

 「NECは,数年前からIPv6サポートの必要性を予測していた。2000年に初めてIPv6をベースとするスイッチを日本で2番目の規模を誇るインターネット・サービス・プロバイダであるBIGLOBEに提供している。同技術が米国全土に普及するのは時間の問題だと考えたため,顧客にニーズを予測してこのプロトコルをハードウエアに組み込んだ」(同社)

◎関連記事
フィンランドのNokia,第3世代携帯電話規格「cdma2000 1xEV-DV」のストリーミングをデモ,IPv4/IPv6対応携帯電話を発表
フリービットのIPセントレックス・サービス――IPv6パケットをIPv4回線に通すトンネル技術で正式サービスを実現
実験サービス開始から2年半
静かに進むIPv6

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る