• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米Rambusの特許侵害訴訟,連邦最高裁が独インフィニオンの裁量上訴請求を棄却

早坂利之 2003/10/07 ITpro

 米RambusとドイツのInfineon Technologiesとのあいだで争っている特許侵害訴訟について,連邦最高裁判所は米国時間10月6日,Infineon社の裁量上訴の請求を退けた。Rambus社が同日明らかにしたもの。

 両社の係争は,先にRambus社が同社のSDRAMおよびDDR SDRAMに関する特許を侵害されたとしてInfineon社を訴えたことに端を発している。Infineon社はこれに対し,「Rambus社が半導体技術標準推進団体JEDECのメモリー・チップ設計特許を不正に使用した」と反訴。Rambus社は,バージニア州連邦地裁における一審で敗訴し,350万ドルの罰金支払いを命令を受けた。

 Rambus社はこれを不服として控訴。米連邦巡回控訴裁は一審判決を覆し,「Rambus社による不正行為の事実はない」とする判断を下した。

 今回,連邦最高裁がInfineon社の上訴を退けたことにより,「Infineon社は可能な限りの手段を使い果たした」(Rambus社)。

 Rambus社上級バイス・プレジデント兼法務顧問のJohn Danforth氏は,「今回の裁決がRambus社にとって一歩前進となり,対Infineon社訴訟の道が開けた」と述べた。また,「当社は,裁判所で争うより友好的な解決を望んでいるが,当社の知的資産を守るために,引き続き必要な手段を講じるつもりだ」と付け加えた。

◎関連記事
米ラムバスに350万ドルの損害賠償支払い命令,ラムバスは控訴の構え
米ラムバスが独インフィニオンとの係争で一審敗訴,控訴へ
米ラムバスが独インフィニオンとの特許係争で勝訴
Elpida Memoryが次世代DRAM向けに米RambusのYellowstoneインタフェースを採用
米ラムバスが,ソニー,SCEI,東芝とライセンス契約を締結
「2002年の世界半導体IP市場は前年比5%成長,ベンダー首位は英ARM」,米ガートナーの調査
米Rambus,パラレル・インタフェース技術「Redwood(開発コード名)」を発表。約10倍のデータ転送速度を実現

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る