• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米SCOが米IBMを提訴,「UNIXのライセンスを不正利用した」と主張

2003/03/10 ITpro

 米SCO Groupが米国時間3月7日に,UNIXソフトウエアのライセンス契約に違反したとして,米IBMをユタ州裁判所に提訴したことを明らかにした。SCO社の主張は,IBM社がLinux事業を推進するために,UNIXソフトウエアのライセンスを不正利用して不当な競争を生みだし,特に米Intel製プロセサに対応したUNIXの経済的価値に損害をもたらしたというもの。

 IBM社は1985年2月に米AT&TからUNIXのライセンスを取得し,自社版UNIX「AIX」を作成した。しかし,1995年にSCO社がUNIXとUnixWareの権利をAT&T社から買い取り,UNIX事業に関するソース・コード,ソース・ドキュメント,ソフトウエア開発契約,ライセンス,知的財産を取得。これによりSCO社は「もともとAT&T社のBell Laboratoriesが米Hewlett-Packard(HP),IBM社,米Silicon Graphics,米Sun Microsystemsなどに供与したライセンスの利益は,SCO社が継承する」と主張している。

 IBM社がAT&T社と結んだライセンス契約では,UNIXソフトウエアのコードを第三者に開示することを禁じている。SCO社は,「IBM社がこれに違反したために不当な競争が発生し,SCO社の市場機会が侵害された」として,IBM社に10億ドル以上の損害賠償を求めている。

 またSCO社は,IBM社に反競争的行為の停止を求める通知を送付済みだという。IBM社がこれに応じない場合,IBM社がこの通知を受け取って100日後に,AIXのライセンスを無効にするための権限を行使することもあり得るという。

◎関連記事
米Sun,「Solarisに関するUNIXライセンスの問題は無い」と主張
米カルデラが社名を「SCO Group」に変更,「SCO製品のブランド認知度向上を図る」
米SCO,UNIXシステムでLinuxアプリの利用を可能にする「SCO UnixWare」の新版を発表
米カルデラ,独SuSEなど4社が企業向けLinuxの統一を目的とする「UnitedLinux」を結成
「統一Linux」が目指すもの
Linuxに黄金時代をもたらすもの
米サンが「Solaris 9 OE」を発表,主要ミドルウエアとの統合を進める
米IBMが「AIX 5L Version 5.2」を発表,「メインフレーム型負荷分散機能を採用」
米HPが「HP-UX 11i Version 1.6」を発表,米インテルの「Itanium 2」をサポート

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る