• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Wi-Fiアライアンスが無線LAN向けセキュリティの新方式「WPA」を発表。「既存製品でも利用可能」

和田英一 2002/11/01 ITpro

 無線LAN製品の相互接続性を確認する業界団体Wi-Fi Alliance(旧組織名はWECA)が米国時間10月31日に,新しい無線LAN向けセキュリティ方式「Wi-Fi Protected Access(WPA)」を発表した。現行の暗号化技術WEP(Wired Equivalent Privacy)より安全性が高いという。相互接続試験に合格したことを示す「Wi-Fi CERTIFIED」ロゴ付きの製品は,2003年の第1四半期中に登場すると見込む。

 WPAは現行のWEPを置き換えるもので,現在市場に出回っている無線LAN製品でも利用できるよう設計してあるという。「ほとんどのベンダーは,現在利用されているWi-Fi CERTIFIED製品向けのアップデート用ファームウエアやソフトウエアをリリースするだろう」(Wi-Fi Alliance)

 Wi-Fi Alliance会長のDennis Eaton氏は,「我々は市場が今まさに求めている条件に適合する堅牢な無線LANセキュリティ・ソリューションを提供するため,IEEE802.11標準化ワーキング・グループと協力した」と説明する。

 「その結果,標準ベースのセキュリティ・ソリューションを業界に提示できることとなった。さらに,IEEE 802.11 Task Group Iに対しては,(IEEE 802.11の安全性向上を図る拡張規格である)IEEE 802.11i Robust Security Networkの完成に向け時間的な猶予を与えられる」(同氏)

 またIEEE802.11標準化ワーキング・グループ会長のStuart J. Kerry氏は,「セキュリティに対する基準は高くなり続け,強力なセキュリティ方式の開発には時間がかかる」とコメントする。「WPAは,予測可能な将来において,メーカーおよび消費者双方の要求に応えられるだろう。今後もIEEEはIEEE 802.11i拡張規格の完成に向けた作業を継続させる。開発完了は2003年中ごろの予定だ」(同氏)

 なお同日米Texas Instruments(TI)と米Intersilが,それぞれWPAに対する支持を表明した(TI社の発表資料Intersil社の発表資料)。

 TI社は次期製品リリース時にWPAに対応するとともに,既存製品向けのアップグレード・ソフトウエアを2003年2月に提供するという。一方Intersil社は,2002年12月にWPA対応製品をリリースする予定である。

◎関連記事
注目集める無線LANのセキュリティ,問題解決への取り組みを見る
米IBMが無線LAN向けセキュリティ監視ツールを発表,「脆弱なアクセス・ポイントの位置を自動検出」
【N+I 2002 Las Vegas速報】 無線LANのセキュリティ向上ソフト。米社が出展して注目を集める
米RSA,無線LANの暗号化技術「WEP」が抱えるセキュリティ問題を解決する技術を開発
無線LAN802.11向け暗号技術を米ベンチャーが開発,「MD5ベースで解読困難」
サイバーテロや産業スパイ対策,暗号市場は2007年に4億5760万ドルと現在の2.5倍
「モバイル・セキュリティ・ソフトウエア市場は年平均69%で拡大,2006年には10億ドル規模に」,IDCの調査
脆弱な無線LANに“ただ乗り”する「ウォー・ドライビング」に気を付けろ!

[発表資料(Wi-Fi AllianceのWPA発表)]
[発表資料(TI社の支持表明)]
[発表資料(Intersil社の支持表明)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る