• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Web Standards ProjectがWWWアクセシビリティ向上を図り,WWW開発者向け教育活動に着手

早坂利之 2002/06/13 ITpro

 WWWブラウジングの標準技術の普及を図る組織The Web Standards Project(WaSP)が,WWWブラウザ/オーサリング・ツールの開発者を対象にした教育活動を開始する。WaSPが米国時間6月11日に明らかにしたもの。開発者が標準技術を遵守するよう活動を進めるという。

 WaSPは,WWWデザイナ/開発者/ユーザーらが集まり1998年に設立した組織である。WWWコンテンツ開発を容易にしてコストを削減するとともに,アクセシビリティを向上させるための活動を行っている。「その結果,WWWブラウザ・メーカーが標準技術に従うようになり,最終的に“一つの文書をあらゆる環境で閲覧できる”という目標を達成した」(WaSP)

 しかしWaSPによると,WWWデザイナ/開発者は旧態然とした手法を使用していることが多いという。「(WWWデザイナ/開発者は)文書構造を軽視し,アクセシビリティを無視し,標準的でない独自のコードを使いたがる。そのため,個人や大企業を問わず,未だに多くのWWWサイトが膨大な数のビジターを門前払いにしている状態。これが反感を生み,収益減少を引き起こし,さらに,アクセシビリティを主張する人々による訴訟にまで発展することになる」(WaSP)

 「ブラウザが標準技術に対応したことは,まだ戦いの半分が終わったに過ぎないことを意味している」(WaSPリーダーのJeffrey Zeldman氏)

 そこでWaSPはその活動の第2段階目として,WWWサイトのデザイン/開発に使用するツールにおける標準技術への準拠とアクセシビリティに注力するという。「これらを標準技術に対応させることで,WWWサイトの開発コスト削減と使い勝手の向上が実現できる」(WaSP)

 さらにWaSPは,「(標準技術への対応は)WWWアクセシビリティに対する法律上の要求事項を満たすことにも役立つ」と説明する。「米国などの国々では,WWWサイトに完全にアクセスできることを法律で規定している。標準技術に対応することで,これらの法律に対応できる。独自のコードや古い手法では,間違いなく違反となってしまう」(WaSP)

◎関連記事
WWWサイトのアクセシビリティ,「障害者にとっての使い勝手は健常者の1/3以下」
WWWのアクセシビリティを向上するためのガイドライン「UAAG 1.0」がW3C勧告候補に
Webのユーザビリティはチェックしてますか?
ECサイトの成功とユーザビリティの関係
ユーザビリティ向上のWeb構築支援が相次ぐ
「Flash」コンテンツの使い勝手やアクセシビリティ向上のための10カ条

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【検証 通信市場】

    光回線は安くならない?卸料金の適正性を検証へ

     総務省が公表した2016年度の通信市場の検証結果(案)では、光回線の料金の低廉化が進展していない点を問題提起した。中でもNTT東西が展開する「光コラボレーションモデル」は卸料金を値下げするインセンティブが働かず、低廉化を期待できない状況と結論付けた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る