• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Rambusの2001年4月~6月期決算,売上高は2330万ドルで前期比25%減

2001/07/13 ITpro

 米Rambusが米国時間7月12日に,2001年4月~6月期の決算を発表した。売上高は2330万ドルで前年同期と比べて31%増加。しかし前期からは25%減少した。買収関連費用など一時的な経費を除いた純利益は390万ドル(売上高に占める割合は17%)。前年同期は480万ドル(同27%),前期は820万ドル(同26%)だった。

 4月~6月期のロイヤリティ収入は前年同期の約3倍となる1980万ドルに達したが,前期と比べて16%減少。RDRAMのロイヤリティ収入が増加し,SDRAMのロイヤリティ収入は減少した。RDRAMは出荷個数が伸びたため,1個あたりのロイヤリティ料の低下を相殺できた。しかし,会計年度2001年第1四半期におけるメモリ業界の大幅な価格低下が影響し,RDRAMとSDRAMともに1個あたりのロイヤリティ料が大きく落ち込んでいるという。

 4月~6月期の契約収入は350万ドルで,前期の760万ドルと比べて大幅な減収。前期の数字には,契約のキャンセルによる繰り越し収入約210万ドルが含まれる。

 「DRAM市場の落ち込みが,引き続き当期の業績に影響した。パソコンやその他の市場が低迷しているため,DRAM業界は今後も数四半期にわたって苦難を経験するだろう。唯一の希望は,RDRAMの出荷個数が伸びていることだ」(Rambus社CEOのGeoff Tate氏)。

 またRambus社は,2001年7月~9月期の売上高が前期と比べて20%減少する見込みであることを明らかにした。

◎関連記事
米Rambusの2001年1~3月期決算,売上高は前期に比べて10%減
米ラムバスの10~12月期決算,過去最高の売上高,ロイヤリティー収入が10倍に
【記者の眼】どこへ行くRambus
要するに“コスト",メモリー戦争“Rambus対DDR"の決着は2002年に
「Rambus対DDRのメモリー戦争,今年いっぱいは決着つかず」と米データクエスト

米ラムバスと米マイクロンの特許係争,伊裁判所がラムバスの提訴を却下
米ラムバスに350万ドルの損害賠償支払い命令,ラムバスは控訴の構え
米ラムバスが独インフィニオンとの係争で一審敗訴,控訴へ

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る