• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Linuxサーバーの約25%でウイルス対策ソフト導入」,ソフォスが調査結果を発表

高橋信頼 2005/07/26 ITpro

 ソフォスは,国内のLinuxサーバーとウイルス対策ソフト導入率に関する調査結果を明らかにした。国内の企業と自治体に導入されたLinuxサーバー約4万台のうち,約25%にウイルス対策ソフトウエアが導入されているという。Linuxサーバーの用途別の導入率は調査していないとしている。

 調査は,矢野経済研究所に委託し,年商30億円以上の企業および自治体を対象に2005年4月に行った。

 Linuxサーバーの用途としては,Webサーバーが全体の23%弱,メール・サーバーが18%強,ファイル・サーバーが10%弱,DBサーバーが10%弱となった。ウイルス対策ソフトウエアはファイル・サーバーやメール・サーバーでは導入が必須とされる。一方,Webサーバーやデータベース・サーバーでは,一般には他のOSでも必ずしもウイルス対策ソフトの導入されているわけではないが,各用途別のウイルス対策ソフトウエア導入率については調査していないという。

 業種別,企業規模別のウイルス対策導入率については調査している。大手サービス業での導入率は台数ベースで65.3%,自治体は57.8%だった。中堅組立製造業は20.6%だった。

(高橋 信頼=IT Pro)

【訂正】
初出時「矢野経済研修所に委託し」と記述しておりましたが,正しくは「矢野経済研究所に委託し」です。お詫びして訂正します。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る