• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Microsoft VMをアンインストールする手段を提供する」――マイクロソフト

勝村幸博 2003/06/10 ITpro

 「提供方法や時期については未定だが,WindowsにインストールされているMicrosoft VMをアンインストールするためのツールを提供する準備がある」――。マイクロソフトの製品マーケティング本部Windows製品部クライアントグループ プロダクトマネージャーの佐藤秀一氏は6月10日,プレス向けの説明会で述べた。

 マイクロソフトが提供するJavaの実行環境(仮想マシン)であるMicrosoft VM(Microsoft Virtual Machine for Java)には,頻繁にセキュリティ・ホールが見つかっている。しかしながら,2001年1月に米Sun Microsystemsとの間で成立した和解契約により,たとえMicrosoft VMに新しいセキュリティ・ホールが見つかっても,2004年1月以降は修正パッチが提供されない(関連記事)。

 現状では,Microsoft VMをアンインストールする手段は提供されていない。2003年2月には,Microsoft VMを含まないWindows XP SP1aが提供されたが,これを適用しても,既にインストールされているMicrosoft VM がアンインストールされることはない。

 今後リリースされるWindowsやサービスパック(例えば,Windows Server 2003やWindows 2000 SP4)にも,Microsoft VMは含まれないものの,2004年1月以降は,Windows ユーザーのほとんどが,とても危険な状況におかれることになる。

 この状況を回避するために,マイクロソフトではMicrosoft VMをアンインストールためのツールを提供する用意があるという。ここでは「ツール」と書いたが,アンインストールするための独立したツールとして提供されるのか,Windowsのサービスパックやパッチとして提供されるのかは,現時点では未定である。

 提供時期についても未定である。修正パッチが提供されている現状でも,セキュリティの観点からMicrosoft VMをアンインストールしたいと考えているユーザーは少なくない。できるだけ早急に提供してもらいたい。

◎参考資料
Microsoft VM 開発者向け FAQ

(勝村 幸博=IT Pro)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る