ITpro EXPO 2015

プレスの方
English
来場事前登録は終了しました
セミナーのお申し込みは終了しました

展示会結果報告

多数のご来場、誠にありがとうございました。
今回の来場者数は、合計65,718名となりました。

  9月30日(水) 10月1日(木) 10月2日(金) 合計
来場者数 18,664 22,514 24,321 65,499
プレス 76 61 82 219
合計 18,740 22,575 24,403 65,718

※ITpro EXPO 2015/Cloud Days 2015/ビッグデータEXPO 2015/セキュリティ&ガバナンス 2015/モバイル&ウエアラブル 2015/IoT Japan 2015/FACTORY 2015/デジタルヘルスDAYSの8展を併せたイベント全体への参加者実数です。

次回の開催は、東京ビッグサイトにて2016年10月19日(水)~21日(金)を予定しています。

ITpro EXPO 2015 速報

エバーノート講演、「PCとスマホの違いは画面サイズではなく“スナック化”」
ウエアラブル時代の設計思想、フィル・リービン会長が語る

 2015年9月30日から10月2日まで開催された「ITpro EXPO 2015」。最終日の10月2日、米エバーノートのフィル・リービン会長が講演した。リービン氏は「未来を創るサービスの考え方―シリコンバレーで生まれるイノベーションの源泉」と題した講演で、PC、スマートフォン、ウエアラブルとデバイスが進化する過程で、サービスの設計思想をどのように変えていくべきかについて持論を展開した。

教育現場はICTでどう変わるのか、畿央大の大山氏やICT CONNECT 21会長赤堀氏が熱弁

 2015年9月30日から10月2日まで東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO 2015」。IoT、クラウド、デジタルヘルスなど旬の話題と並び注目を集めたのが、教育とICT分野である。急速な勢いで教育現場に浸透しつつあるデジタル化の波にいかに対応していくべきか――。「教育ICTイノベーション2015」と題したセミナーでは、豊富な実例を交えながら識者が講演した。

ディジ インターナショナルがZigBee規格の通信ソリューションを展示

 ディジ インターナショナルは、2015年10月2日まで開催している「ITpro EXPO 2015」で、三井物産デジタルなどの共同ブースにてZigBee規格に対応した通信機器およびソリューションを紹介している。

日経パソコン編集長がウエアラブル端末の未来を語る

 身に着けるパーソナルコンピューター、ウエアラブル端末。腕時計型の「スマートウオッチ」や、眼鏡型デバイスの「スマートグラス」が我々の社会にどう浸透していくか。これをテーマに、日経パソコンの露木久修編集長は、2015年10月2日、東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2015」会場内で、講演を行った。

キヤノンITソリューションズ、超高速開発ツール「Web Performer」最新版を展示

 キヤノンITソリューションズは2015年9月30日から10月2日にかけて東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2015」で、ソースコードを100%自動生成することで“超高速開発”を可能にする開発ツール「Web Performer」の最新版を展示した。

「生き残りには“変異”が必要、アプリ開発を見直すべし」、NTTデータの栗島副社長

 「デジタル社会の環境変化に対応するには、自ら“変異”を起こさねばならない。それを担うのがアプリケーションだ」――。NTTデータ 代表取締役副社長執行役員 栗島聡氏が「ITpro EXPO 2015」の特別講演で語ったのは、ビジネスを進化させるためのアプリケーション戦略。「アプリケーション中心指向」「共創型イノベーション」など、今後のアプリケーション開発に求められる考え方を説明した。

展示会場に出展された製品やサービスの記事は「展示会ニュース」、識者や記者による講演、パネルディスカッションの記事は「フォーラム・ニュース」に掲載しています。

ビジネスモバイルの未来像
~あなたの会社の働き方を変えるデバイス活用術~

より便利に、使いやすくなったモバイルデバイスは、様々な業務ニーズに対応できるものとなってきます。
導入によって、仕事のやり方や職場の様子はどう変わり、これから何が求められるのでしょうか。
女優の比嘉愛未さんをお招きし、ビジネス向けモバイル機器の未来を考えます。

詳細はこちら

ITpro EXPO 2015見どころ解説

あのWebサイトのフィッシングサイトを作ってみせます

世間で話題となったセキュリティのトピックについて、その真相を“裏読み”、独自の視点に基づいて解説する日経NETWORKの人気コラム「辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿」。その著者であるソフトバンク・テクノロジーの辻伸弘氏が10月2日(金)11時から、ITpro EXPOのメインシアターで講演を行う。

東京ドーム53個分、モナコ公国より広い野外無線LANをどうやって作る?

 2015年8月、世界のボーイスカウト・ガールスカウトが一同に集う4年に1度の祭典「世界スカウトジャンボリー(WSJ)」が山口県で開かれた。152の国や地域から3万人を超える青少年が集った大イベントの会場に敷設されていた、東京ドーム53個分、3万人以上が同時に利用する世界最大クラスの屋外無線LANの設計・構築の裏話が、ITpro EXPOの無料講演で聴ける!

前例なき変革の時代に勝つ CIOとベンダー首脳が問題提起

 IoT(Internet of Things)や(AI人工知能)などの技術の本質を理解し、ビジネスモデルを革新しなければグローバルでの戦いに負ける。CIO(最高情報責任者)やCTO(最高技術責任者)、ITベンダーの経営幹部13人が、そんな問題意識を基に激論を交わした「ITpro EXPO 2015 ステアリング・コミッティ」。見識をぶつけ合って出来上がった宣言と、議論の詳細を報告する。

[極言暴論ライブ]古い体質のIT部門とベンダーに将来無し、生き残り策を「上から目線」で教えましょう!

 ユーザー企業のIT部門やIT業界の不条理に遠慮会釈なく切り込んで、すっかりITproの名物コラム(問題コラム?)となった「木村岳史の極言暴論!」。その著者である私は、昨年に引き続き今年もITpro EXPOの会場で「極言暴論ライブ」を敢行しようと思う。「寿命の尽きたIT部門は“終活”せよ」「日本のSIガラパゴスは崩壊する」などと不穏な内容で、来場者を挑発するつもりだ。

ネット企業もリアル企業も、主戦場は「デジタル」に
決定!CIO/データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー2015

 「ネット企業に行くか、それ以外に行くか、迷っているんだ」。春先、友人の大学生の息子からこんな相談を受けたことがある。自分が就職するころは、「商社」「金融」「メーカー」など、業種で進路を考えていたが、今どきは「ネット」と「リアル」なのか、と面白く感じた。確かに、例えば証券会社にしても、店舗を構えた従来型の企業と、ネット証券とでは、仕事の内容も必要な知識も異なるだろう。

IoTの衝撃~日本企業はデジタルによる破壊的な変革にどう立ち向かえばよいか

 「競合企業が今後12カ月でビジネスモデルを大きく変化させてくるか?」という問いに対し、世界の経営者の68%が「はい」と答えたのに対して、日本の経営者は16%にとどまった――。アクセンチュアが英エコノミストの調査部門EIUと共同で、グローバルの経営者が1405人(日本は50人)を対象に調査した「グローバルCEO調査 2015」の結果だ。

[メインシアター]企業でのマイナンバー対応の要所とは

 2016年1月から、いよいよ行政手続きでのマイナンバーの利用が始まる。ただ、マイナンバー制度に対する企業の理解や実務面の対応準備は、現状ではまだまだ進んでいるとは言えない。「マイナンバーを含む個人情報を漏らすと厳罰が科される」などの断片的な情報が、企業の経営者や実務担当者を過度の不安に陥れている側面もある。

クラウドユーザー3社が激突---なぜ使う、なぜ使わない

 クラウドサービスを活用する流れが本格化してきた。システム移行でコスト削減を図るだけでなく、ビッグデータ活用やグローバル展開など、その適用先は確実に広がっている。

マツダ×リクルート、IT戦略担う2人が革新への道筋を徹底討論

 「ITありきではなく、経営や現場の“執念”を現実化させる手段としてITを活用しなければならない」――2015年3月期に過去最高益を達成するなど、「SKYACTIV」技術と「鼓動」デザインで快走するマツダの大澤佳史 ITソリューション本部 本部長。

これから10年、日本のソフトウエア業界はどう変わるか

 システム導入時にクラウドの採用を優先する「クラウドファースト」が当たり前になってきた。クラウドの普及はソフトウエア業界にも大きな変革を迫る。これまではオンプレミスで稼働させるのが常識だったERP(統合基幹業務システム)でさえSaaS型が増えている。

今週のトピックス-PR-

ITpro EXPO Award 2015/注目の出展企業プレビュー

[富士フイルム]ビッグデータ時代に「磁気テープ」、最新アーカイブソリューション提案

 富士フイルムは、ビッグデータ時代の大容量データ保存手段として、ここにきて再度、注目されている磁気テープを使用した「アーカイブソリュー ション」を中心に出展する。ブースのコンセプトは、「そのデータが新しい価値を生む」。デジタルデータだけではなく、文書や紙焼きの写真、マイクロフィルムや映像フィルムなどのアナログデータも含めて、増大するデータをアーカイブする方法と、新たな価値を生み出す情報資産として活用するためのソリューションを紹介する。

[NECレノボ・ジャパングループ]IT活用で変わるデジタルライフとデジタルワークを提案

 NECレノボ・ジャパングループは、ブース全体で「最新のデジタルライフとデジタルワーク」を提案する。LAVIEシリーズやThinkPadシリーズに代表されるPC、サーバーをはじめ、同社の最新デジタル機器を出展。来場者がそれらに実際に触れながら、IT活用で変わる暮らしや働き方を体感できるようにする。

[日立システムズ]マイナンバー対応やAWS導入ノウハウ、組織全体を守るセキュリティを展示

 日立システムズは2015年9月30日~10月2日に、東京ビッグサイトで開催される「ITpro EXPO 2015」で、クラウドとセキュリティをテーマとしたブースを出展する。同社 営業統括本部 マーケティング本部 営業推進本部 クロスセル推進部の小林裕史部長代理は「専門的な内容をわかりやすく伝えることを意識して、来場者対応を心がけたい」と話す。来場者が日立システムズの担当者に相談できる「モヤモヤ相談窓口」を設ける。

[日本ヒューレット・パッカード]分社後の新メッセージを訴求、インフラ基盤は部品志向に

 国内では2015年8月に分社化した日本ヒューレット・パッカード。米国本社が11月1日に分社して新会社「Hewlett Packard Enterprise」が生まれることに合わせ、ITpro EXPO 2015では新会社のブランドとメッセージをお披露目する。新メッセージに合わせてコーナー分けした展示コーナー、ミニシアター、セミナーの三面で展開する。

[NTTファシリティーズ]“黒子の黒子”が初出展、データセンターの先端技術を披露

 NTTファシリティーズは2015年9月30日から10月2日までの3日間東京ビッグサイトで開催される「ITpro EXPO 2015」で、データセンター設備をテーマとしたブースを出展する。同社DC&BCPプロジェクト本部の川口晋本部長は、「データセンター運営に課題を感じているすべての人にとって、裏側の技術を知ることは大きなヒントになるはずだ」と説明する。

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ

同時開催展

ITpro EXPO AWARD
ITpro EXPO AWARD 2015 受賞製品/サービス  ITpro EXPO AWARD 2015は、ITpro EXPO 2015に出展されるすべての製品/サービスを対象として、日経BP社が発行するIT/ネットワーク誌、Webメディアの編集部が取材・審査し、優れた製品/サービスを表彰するものです。
詳細はこちら

協力メディア

日経コンピュータ 日経コミュニケーション 日経SYSTEMS 日経情報ストラテジー 日経NETWORK 日経ソフトウエア 日経Linux 日経ニューメディア ITpro 日経パソコン 日経PCオンライン 日経BP ビッグデータ・プロジェクト