ITproプレミアム

ITproプレミアム(有料会員)のご案内

ITproプレミアムがさらにパワーアップ! 会員限定の独自コンテンツを増強、続々配信中です。ITproプレミアム(有料会員)にご登録いただくと、これら有料記事がすべて読めるほか、日経コンピュータなど専門雑誌の最新号、15年分のバックナンバーをPDFで閲覧できます。

ITproプレミアム(有料会員)についてもっと知る

サービスの特長

会員限定の独自記事を増強! 50人以上の専門記者が執筆した、最新動向記事、技術解説記事が読み放題。

注目分野をフィーチャーした連載も!有料新着記事として続々配信します。

専門記者が、各テーマに関する事例を徹底取材、IT活用の成功・失敗事例や業界の裏話を有料会員だけが読める独自記事として随時掲載します。さらに、日経情報ストラテジー、日経コミュニケーションの2016年4月発行号以降のバックナンバーを読み放題のWeb記事となりました。

関心分野を、より広く深く理解できる!
技術専門雑誌の記事を毎月60ページ、PDFでお読みいただけます。

日経コンピュータ、日経NETWORK、日経SYSTEMS、日経パソコンに、日経Automotiveなど日経BP社の技術系専門誌を加えた合計9誌分の誌面PDFを毎月60ページダウンロードできます。ITが各分野でどのように活用されているのか。効率的に情報収集できるほか、様々な視点の記事を読むことで、多面的な理解にお役立ていただけます。

「キーワード登録」で知りたい情報に素早くアクセス。
クリッピング機能で、気になる記事の読み逃しもありません。

登録したキーワードに関連する記事を自動収集して一覧できる機能を用意しています。注目トピックスを効率的にお読みいただけます。

有料会員になると毎月60ページのPDFダウンロードができる雑誌(全9誌)

※休刊した「日経ソリューションビジネス」「日経バイト」「日経Windowsプロ」「日経ITプロフェッショナル」の記事も閲覧いただけます。

よくある質問

「ITproプレミアム」を月の途中で申し込んだ場合の料金は、どうなりますか?
「ITproプレミアム」は、お申し込み月の月会費は無料となり、翌月初から月会費が発生します。
読者特価適用誌の読者番号が分からない。
読者番号は、雑誌をお届けする封筒のラベルに記載された10桁の数字です。ご不明の方は、こちらからご確認ください。なお、購読のご契約名義が、ご本人様以外の場合(会社で契約など)、読者特価はご利用いただけません。
一般価格でのご利用から読者特価に切り替えたい。
こちらの専用フォームからご連絡ください。
クレジットカード以外の方法で支払いたいのですが。
お支払いは、クレジットカードによる月次払い(毎月の自動更新)のみとなります。
領収証や請求書は発行できますか。
領収証、請求書とも発行はいたしかねますので、クレジットカード明細をご利用ください。なお、「日経BP書店 マイデータ」にて、過去6ヶ月分、ご購読・購入の履歴を「ご購読・購入証明」として、表示することが出来ます。
閲覧したPDFを印刷したり、自分のパソコンにダウンロードして保存できますか。
印刷、保存ともできます。
自分が閲覧した記事のページ数、明細が知りたい。
ログイン後、「ご利用明細表示」画面で確認できます。
未使用分のページは、翌月への繰越はできますか。
はい。繰越できますが、翌月末で未使用分のページ数は無効になります。
60ページを超えると記事途中でも閲覧できないのですか?
1つの記事のページ数が、閲覧可能なページ数を超える場合でも、当該記事の最終ページまで閲覧できます。
閲覧中にネットワークがダウンしてしまった。
24時間以内に限り、同じ記事を何度でもご覧いただけます。(利用されたページ数として見なされません)
どこから閲覧ページとしてカウントされますか?
記事へのリンクをクリックすると「有料コンテンツ詳細情報」が表示されます。「この記事を閲覧(ダウンロード)しますか?」の箇所で「はい」をクリックした時点(未ログインの場合は、その後ユーザーIDとパスワードを入力した時点)で閲覧ページとしてカウントされます。
雑誌記事はいつ発行されたものが検索・閲覧できるのか。記事は全て読めるのか。
最新号の雑誌記事は、その雑誌の発行日から1週間後に、検索・閲覧可能になります。バックナンバーは2002年1月以降の発行号が対象となります。 広告記事は閲覧の対象外です。また、日経BP社が著作権や所有権を持たない等の理由から、閲覧対象外の記事があります。
定期メンテナンスの時間が知りたい。
定期メンテナンス時間は下記の通りです。メンテナンス中はサービスの利用を停止します。
 平日・土曜:午前5時~午前7時  日曜:午前5時~午前8時
データを利用する際の注意点(著作権など)について知りたい。
ご利用上の注意をご案内いたします。

●PDFの内容について
雑誌記事のPDFデータでは、日経BP社に二次使用権のない記事や、写真、図表は収録していません。PDFデータ内では、該当する部分が×のマークで表示されるケースがあります。PDF表示では、一部写真データの解像度が低いものがあります。記事は、基本的に雑誌を発行した時点での情報に基づいています。発行後に生じた情報、および判明した事実などに関しての訂正は反映しておりません。

●記事およびデータの著作権について
ITproプレミアムで提供する情報の著作権は日経BP社を含む原著作者にあり、著作権法で保護されています。ITproプレミアムの契約者は、ご自身の利用範囲内で記事を閲覧またはプリントアウトできます。ただし、下記の禁止事項にご留意のうえ、ご利用ください。

●閲覧またはプリントアウトについての禁止事項
下記の事項は禁止させていただきます。
本サービスで提供する記事およびデータを無断で転載・複製・改ざんすること
記事やデータ、あるいはそのプリントアウトを他人に配信・転送したり、回覧・配布したりすること
社内LAN(イントラネット)またはインターネット上に記事やデータを掲載・送信すること

●ご自身での利用を超える場合の注意事項
記事転載をご希望の方は、日経BP社 著作権窓口にお問い合わせください。無断転載は著作権侵害となります。※日経BP社の著作権・リンクについてはこちらのWebサイトをご覧ください。
商用の印刷や抜き刷り、デジタル媒体(イントラネット、インターネット等)への転載は、有料(ITproプレミアム利用料金とは別・別途見積もり)です。こちらからお問い合わせください。
「ITproプレミアム」を利用するにはどのような環境(ソフトやコンピュータの設定)が必要なのか。
PDFの閲覧はアドビシステムズのAcrobat Reader最新版、Webブラウザーは、WindowsではInternet Explorer 11や、Edge、Firefox、Chromeの最新版、iOSはSafari最新版、AndroidはChrome最新版で動作確認をしています。また、CookieやJavaScriptを利用します。WebブラウザーはCookie、JavaScriptを利用できる設定にしてください。
日経IDのユーザーIDとパスワードを忘れてしまい、ログインできない。
ユーザーIDとパスワードは、日経IDと共通です。こちらでお調べください
メールアドレスやパスワードなどを変更したい。
こちらから、お手続きください。
新規に「ITproプレミアム」を申し込んだが、ログインできない。
「読者サービスセンターにお問い合わせください。
連絡先の住所、電話番号、E-Mailアドレスを変更したい。
ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)の変更はこちらの専用フォームからお手続きください。日経IDでは変更はできませんのでご注意ください。
登録名義を変更したい。
こちらの専用フォームからご連絡ください。
「ITproプレミアム」を解約したい。
必ずこちらの解約専用フォームからお手続きください。 解約を申請いただいた月の翌月分まで月会費が発生し、サービスのご利用停止も申請月の翌月末となります。 なお、日経IDの登録情報変更画面からの解約はできません。また日経IDを退会された場合、「ITproプレミアム」のサービスはご利用いただけない状態となりますが、月会費は発生しますのでご注意ください。
ITproプレミアムの会員規約を確認したい。
こちらをご覧ください
「ITproプレミアム」に関して問い合わせがしたい。
日経BP読者サービスセンター 「ITpro プレミアム」係までお願いします。インターネットのお問い合わせ窓口はこちらをご覧ください。お電話は03-5696-1111 (祝祭日を除く月~金の9:00から17:00)です。

ITproプレミアム(有料会員)のご案内

ITproプレミアムがさらにパワーアップ! 会員限定の独自コンテンツを増強、続々配信中です。ITproプレミアム(有料会員)にご登録いただくと、これら有料記事がすべて読めるほか、日経コンピュータなど専門雑誌の最新号、15年分のバックナンバーをPDFで閲覧できます。