特集

ウエアラブルデバイスの「キラーアプリ」は仮想アシスタント、そのワケは

 技術者たちは、仮想アシスタントとウエアラブルデバイスのいずれでも態度が分かれる。これらが大好きで頼りきっている人もいれば、無関心な人もいる。

続きを読む

ニュース

Apple、音楽認識サービスのShazamを買収へ

 数日前から噂されていたとおり、米Appleが、音楽認識サービスを手がける英Shazamを買収することになった。米BuzzFeed Newsは、Appleから確認をとったとして報じている。買収額は明らかにされていないものの、約4億ドルと見られている。Shazamが2015年に行った前回の資金調達ラウンドの際に出た10億ドルという評価額に比べると、かなりの隔たりがあるが、それから現在までの間に、音楽配信サービスの世界は進化してきた。[2017/12/13]

Apple、音楽認識サービスのShazamを買収へ

CIOから

2018年の情報セキュリティ界を席巻する5つの脅威(中)

 企業でIoTデバイスの導入が進みつつあるが、多くのIoTデバイスはセキュリティを考慮した設計になっていない。しかも、急速に発展するIoTのエコシステムの中で、透明性がなくなりつつあるという点にISFは警鐘を鳴らす。あいまいな契約条件に基づいて、本人たちが意図しなかった形で個人データを利用することが可能となっている。[2017/12/13]

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ