東京エレクトロン デバイス株式会社は社内からのクラウドアプリケーションにアクセスする際のトラフィック増加によるプロキシサーバーの高負荷を解消する解決策として
プロキシサーバー・バイパスソリューション「TED Office365 宛先リスト配信サービス」を開始しました。

Office365などのクラウドアプリケーションを企業が利用するケースが急増しIT管理者は社内システムの管理から開放される一方、インターネットアクセスのトラフィックが急増し、回線やウェブプロキシサーバーのパフォーマンスが足りなくなり、ネットワークの遅延を引き起こすという新たな課題に直面しています。

「TED Office365 宛先リスト配信サービス」はF5 ネットワークス社のBIG-IPを利用することでOffice365やユーザ-がプロキシサーバーを通したくないトラフィックを選定しながらプロキシサーバーの負荷を軽減させ、クラウド利用におけるネットワークの遅延を低減します。

また日々変更されるOffice365の宛先リストについても「TED Office365 宛先リスト配信サービス」がマイクロソフトのサイトへ取得を行いBIG-IPが読み取れるデータで格納し、導入したBIG-IPは「TED Office365 宛先リスト配信サービス」からデータを自動的に取得するため、管理者はで宛先リストのの変更を意識することなく常に最新の状態での運用が可能になります。

この「TED Office365 宛先リスト配信サービス」とBIG-IPの組み合わせは、プロキシサーバーの負荷を軽減し、IT部門の管理者はアプリケーション導入に潜む新たな課題の問題から開放されます。

また、東京エレクトロン デバイス株式会社はOffice365だけではなく、今後様々なアプリケーションに対応した宛先リスト配信を実装しサービスの拡張を行う予定です。

本ソリューションの売上目標は3年で3億円を見込んでいます。


※記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。