今年に入って、WannaCry、Petya等、ランサムウェアが世間を騒がしてきました。これからもランサムウェアが速いスピードで進化し、新しい技術を使ってより速く広がるでしょう。

今までカーボンブラック(Carbon Black)のCb Defenseがストリーミングプリベンション技術を駆使して、ランサムウェアからお客様のエンドポイントを守ってきました。常に変化する脅威により効率的に、効果的に対抗すべく、Cb Defenseの最新リリースに「ストリーミングランサムウェアプリベンション」という新しい機能を実装しました。カナリアファイルやMBR(Master Boot Record )プロテクション等の技術を駆使して、未知のランサムウェアや0-dayランサムウェア攻撃にも対抗できるようになります。

第三者機関のMRG Effitasによる検証評価にも「ストリーミングランサムウェアプリベンション」の有効性が証明されました。次世代のエンドポイントセキュリティプラットフォームを導入するなら、ぜひカーボンブラック(Carbon Black)をご検討下さい。