2017年8月28日、次世代エンドポイントセキュリティのリーダーであるカーボンブラック社は、VMWareとの協業を発表しました。この協業によって、VMwareのAppDefenseを利用するお客様はカーボンブラックのCDCを活用できるようになります。

AppDefenseは今年のVMWorldでアナウンスされる新しいセキュリティソリューションです。AppDefenseは仮想インフラストラクチャを利用して、アプリの状態を把握でき、それらのアプリを操る攻撃を検知し、自動的に対応することができます。AppDefenseはカーボンブラックのCDCを活用し、各プロセスの評価を分類し、セキュリティチームにより豊富な情報を提供し、更なる調査が必要な振る舞いや事前承認できる振る舞いなどを教えてくれます。

カーボンブラックのCDCとVMware AppDefenseの組み合わせを通じて、顧客が下記の恩恵を受けることができます。
・強力な振る舞いコントロールによって、仮想環境およびクラウド環境の攻撃から保護できる
・VMware vSphereとNSXで修復機能(Remediation)を自動化できる
・セキュリティの情報と運用状況を一つの管理コンソールで把握できる

VMWareのセキュリティ製品担当の上級副社長、Tom Cornが今回の協業について下記の様にコメントしています。
「VMWareがAppDefenseを通じて、ソフトウェア定義のデータセンター(SDDC)のセキュリティを再定義します。カーボンブラックと協力することで、我々は新しいセキュリティモデルを実現し、最新の高度な脅威から仮想環境を保護できるソリューションをお客様に提供できます。」