カーボン・ブラック・インクのCEOであるパトリック・モーリーは2017年4月13日、日本を重要な市場と認識し、今後積極的な投資を継続して行うことを宣言しました。

アジアパシフィック地域には2015年よりオフィスを開設し、ビジネスを展開してきましたが、2016年にカーボン・ブラック・ジャパン株式会社(カントリーマネージャー:西村 雅博)の日本での登記を完了し、2017年2月1日に日本での事業を本格的に開始しました。今後、カーボン・ブラック・ジャパンは、日本での営業拠点としての役割だけでなく、サポートや各種サービスの部署を設け、日本市場に最適なソリューションを提供してまいります。

なお当日は、日本企業のCIO、CISOを含む多くの方々にご列席いただき、カーボン・ブラック・ジャパンの会社設立エグゼクティブセミナーを開催しました。CEOのパトリック・モーリーが最新のセキュリティ状況を外観した後、日本IBM様、NTTコミュニケーションズ様、ネットワークバリューコンポーネンツ様から貴重なご講演をいただき、テクニカルディレクターの中川和芳より製品の特長であるストリーミング・プリベンションの紹介を行い、盛況のうちに終了しました。


・カーボン・ブラックについて
2002年より、エンドポイントセキュリティに特化した製品を提供しています。最先端の技術と最新の情報を融合させたユニークな製品は、デファクト製品として世界のセキュリティ対策に貢献しています。

・お問い合わせ先
カーボン・ブラック・ジャパン株式会社
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL : 03-3216-7358
URL : https://www.carbonblack.co.jp
E-mail : CarbonBlackJapan@carbonblack.com