資料の紹介

 データ持ち出し禁止、シンクライアント導入など、これまでの予防型のセキュリティ対策の多くは、利便性や生産性を犠牲にするものが多かった。だが、発想を変えて「事故は起きるもの」という前提に立つと、利便性と生産性を損なわない対策が可能になる。