TOP > サービス評価 > イベント駆動型コード実行

サービス評価

イベント駆動型コード実行

【2017/04/20】

 ストレージにデータが書き込まれる、あらかじめ設定した時刻になる――。こうしたイベントをトリガーにしてコードを自動実行するのが、AWS Lambda(ラムダ)、Azure Functionsだ。ユーザーは、コードを実行する仮想マシンを立ち上げたり、保守したりする必要がない。

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。

目次